となり町戦争(2006)

となり町戦争 [2006 日本 渡辺謙作] タイトルがとても気になって、観てみました。 タイトル通り、戦争の話ですが、戦闘シーンはほぼないので、 つまらない、ものたりないという人も中にはいるかもしれない。 でも、なかなか身近に感じられない戦争について考えさせられる作品です。 世界のどこかで今も行われている「戦争」「紛争」。 規模の大小に関係なく、その動機に関係なく、 一般…

続きを読む

たみおのしあわせ(2007)

たみおのしあわせ [2007 日本 岩松了] これはシュールすぎる。 大人たちのいたずら心がそこかしこに現れます。 知らぬがなんとかってやつです。 地味でオクテな民男(オダギリジョー)は何度目かのお見合いで、 ようやく理想の女性・瞳さん(麻生久美子)に出会った。 やっと見えてきた結婚だが、仲良し親子の周辺がなんだか騒がしい。 オダギリジョーと麻生久美子、岩松了監督なの…

続きを読む

天然コケッコー(2007)

天然コケッコー [2007 日本 山下敦弘] 舞台は山と田んぼが広がる木村町。 小学生3人、中学生3人、全校生徒6人の分校。 ある日、東京から転校生がやってきた。 中学二年の右田そよ(夏帆)にとって初めての同級生だ。 「イケメンさんじゃ」 これはもしかして恋の予感・・・ 床屋一軒、コンビニとはとてもいいがたい雑貨屋が一軒、 噂話好きの郵便局、お好み焼屋、どこにいっても顔…

続きを読む

転々(2007)

転々 [2007 日本 三木聡] 三木聡監督作品はどれも好きなんですが、 今までで一番好きかもしれないです。 オダギリジョーが醸し出す雰囲気やコメディセンスと 監督のこだわりや空気感がみごとにはまった作品。 もちろん、相変わらず小ネタ満載ですが、 ひとりぼっちの男ふたりの東京散歩というメインの ストーリーがしっかりしているので、 他の場面に切り替わってもブレないし、 …

続きを読む

タロットカード殺人事件(2006)

タロットカード殺人事件 [2006 英・米 ウディ・アレン] ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)が、 有名ジャーナリストの幽霊(イアン・マクシェーン)から 世間を騒がせているタロットカード殺人事件の犯人の名を聞かされた。 サンドラはスクープの証拠を掴むため、マジシャンのシド(ウディ・アレン)と 容疑者に近づこうとするのだが・・・ なんでこんなコ…

続きを読む

ディパーテッド(2006)

ディパーテッド [2006 米 マーティン・スコセッシ] 香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク。 警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、 そんな対照的な2人の皮肉な運命を描く。 オリジナルとは別物として観ようと思ったんだけど、どうしても見比べてしまう。 オリジナルよりいいなと思うところもあるけど、完成度ではオリジナルの圧勝。 アカデミー賞受賞した…

続きを読む

ドア・イン・ザ・フロア(2004)

ドア・イン・ザ・フロア [2004 米 トッド・ウィリアムズ] 原作は巨匠ジョン・アーヴィングの『未亡人の一年』。 自身の自伝的要素を反映させた最高傑作として全米で大絶賛された。 本作はその前半部分の映画化。 海辺の家に住む著名な児童文学作家テッド・コール(ジェフ・ブリッジス)と 妻マリアン(キム・ベイシンガー)。 4歳の娘ルースとともに裕福で何不自由ない生活を送り、幸せに…

続きを読む

テイキング・ライブス(2004)

テイキング・ライブス [2004 アメリカ D.J.カルーソ] 他人の人生を乗っ取る=テイキング・ライブス 題材としてはおもしろいだけに、少々もったいなさが残る。 アンジェリーナ・ジョリーの鍛え抜かれた肉体美には見とれてしまいます。 ★★★(2005.10) テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-01-21 アンジェ…

続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005)

チャーリーとチョコレート工場 [2005 アメリカ・イギリス ティム・バートン] まさしく大人のためのファンタジー。 オープニングの板チョコが出来上がるまでの過程だけでも、 ワクワクドキドキ。 ウォンカさんのパーソナルな面をのぞいて、原作に忠実で、 原作ファンの私も大満足。 少年の心を忘れないティム・バートンと ジョニー・デップらの想像力がなせる技です。 チャーリー…

続きを読む

007 カジノロワイヤル (1967)

007 カジノロワイヤル [1967 イギリス ジョン・ヒューストン] 007シリーズは、実はまともに見た事がないのだけど、 これは、異色作で、全く別物として見れる。かなり笑える。 オープニングロールの映像からしてすごくかっこよく、 音楽もバカラックといたれりつくせり。 ウディ・アレンも出てきてすごくうれしかった。                    ★★★★☆…

続きを読む

時計じかけのオレンジ (1971)

時計じかけのオレンジ [1971 イギリス スタンリー・キューブリック] たしか、高校生のとき、姉がビデオを借りてきてみんなで見た あのときは落ち着いて観られなかったけど、 この年になって改めて観なおすと、すごいわこれ。 全体的に「痛い」。治療のシーンが最高に痛い。 すべてのものの因果を考えさせられる。 それにしても、アレックスって私ごのみの顔だ。 女の子…

続きを読む

ドンファン (1995)

ドンファン [1995 アメリカ ジェレミー・レヴィン] どうもジョニー・デップは変な役が多い、 また、ハマってしまうところがすごい。 ここでは、伝説のジゴロ・ドンファンの名を名乗るかなり怪しい男を演じる。 ドンファンは精神科に通い、彼の語る愛の世界に 医師であるマーロン・ブランドはいつしか、とりこになってしまう。 たとえそれが、虚言だとしても、ドンファンのつ…

続きを読む

トレインスポッティング (1996)

トレインスポッティング [1996 イギリス ダニー・ボイル] <ネタバレ注意> スコットランドのエディンバラで暮らす労働者階級のマーク・レントンと その仲間たち。あのテンポが気持ちいい。 「ぼんやりと周囲を見渡しながらも、やってきたチャンスは逃さず食らいつく、 レントンこそが、まさに”トレインスポッティング”な奴なのである」(パンフ参照) そうか…

続きを読む

他人のそら似 (1994)

他人のそら似 [1994 フランス ミシェル・ブラン] <ネタバレ注意> これも、出演者が実名で登場。最近流行ってるのかしら? 主演は、ミシェル・ブランとキャロル・ブーケ。 ミシェル・ブランと「うりふたつ」の男が、ミシェルの名声を悪用し、 人の知らないところで、散々暴れまわる。 シェルとキャロルは、にせもののしっぽをつかむため、後を追う。 …

続きを読む

小さな泥棒 (1988)

小さな泥棒 [1988 フランス クロード・ミレール] トリュフォーが「大人は判ってくれない」の 少女版として脚本をかいていた作品。 「なまいきシャルロット」から3年、 ちょっぴり成長したシャルロットがかわいい。                  ★★★(1996.11) 小さな泥棒小さな泥棒 [DVD]

続きを読む

ダーク・ウォーター (2005)

ダーク・ウォーター [2005 アメリカ ウォルター・サレス] 鈴木光司原作・中田秀夫監督「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク。 今年はホラーを観る機会が多いんだけど、ホラーってただ怖いと いうより、精神的につらいものが多い。 これもそんなタイプの作品で泣けるホラーでした。 子役の少女の演技は圧巻でした。                     ★★★☆(2005.…

続きを読む

タッチ(2005)

タッチ [2005 日本 犬童一心] 原作コミックで、アニメでと何度も観て何度も泣いた思い出深い作品。 斉藤双子によって実写化が実現。 おなじみのアイテムや忘れられないシーンやセリフ満載。 よく2時間にまとめたなという感じ。 原田くんがよかった。 原作の存在が大きすぎて犬童監督色はそんなに出てなかったのが残念。                            ★…

続きを読む

ドット・ジ・アイ(2003)

dot the i ドット・ジ・アイ [2003 イギリス・スペイン マシュー・パークヒル] 旅先でふらっと寄ったレイトショー。 何の予備知識もなかったのがよかったらしい。 よくある三角関係かと思いきや、、、 背後に感じる気配がかなり怖い。  DVDのパッケージも読まずにとにかく観てほしい。             ★★★★☆(2005.4) ドット・ジ…

続きを読む

[File.139]大統領の理髪師(2004)

大統領の理髪師 [2004 韓国 イム・チャンサン] シリアスなテーマなはずなのに、わかっているんだけど なんだか間抜けで笑ってしまう。 ソン・ガンホもイ・ジェウンも普通っぽさがよかった。                 ★★★★(2005.5) 大統領の理髪師 [DVD]アルバトロス 2005-08-05 ユーザレビュー:事前に公式サイトで軽 ...苦いユーモア この…

続きを読む

[File.131]大脱走(1963)

大脱走 [1963 アメリカ ジョン・スタージェス] この作品をまさかスクリーンで観ることができるとは! 軽快なマーチにのせた、飽きのこない構成で3時間があっという間でした。 40年経っても全く色褪せてない。 むしろ役者のはつらつとした感じがとても新鮮。                ★★★★★(2005.5) 大脱走 特別編 [MGMライオン・キャンペーン]大脱走…

続きを読む

[File.104]トスカーナの休日(2003)

トスカーナの休日 [2003 アメリカ・イタリア オードリー・ウェルズ] あたたかい日差しの下で小説を読むように、穏やかな気分になれる作品。 景色や料理がおいしそう。イタリアに行きたくなります。 ダイアン・レインの魅力も全開。 フェリーニの映画を観てるともっと楽しめるかも。                ★★★★(2005.12) トスカーナの休日 [DVD]ブエナ・…

続きを読む

[File.096]地球で最後のふたり(2003)

地球で最後のふたり [2003 タイ・日本・オランダ・フランス・シンガポール ペンエーグ・ラッタナルアーン] 無機質な空間に奇妙なまでに整えられた衣類。 折り目正しい長袖シャツを着こなす男がひとり。 バンコクの日本文化交流センターの図書室で働くケンジは極度の潔癖症。 どうやら自殺願望があるらしい。 偶然出会ったタイ人女性・ノイとのカタコトの会話や 静と動の動きが対照的で…

続きを読む

[File.091]トゥー・ウィークス・ノーティス(2002)

トゥー・ウィークス・ノーティス [2002 アメリカ マーク・ローレンス] ヒュー・グラント好きなのでかなりひいきめです。 こういうダメ男をやらせたら彼の右に出るものいないです。 彼に負けずにサンドラ・ブロックもよい。 彼女のシリアスな映画は観たことないから比べようがないんだけど、 こういう役がホントに似合う。 二人の相性がよいので、安心して観られます。 観終わってみ…

続きを読む

[File.086]ディナー・ラッシュ(2001)

ディナー・ラッシュ [2001 アメリカ ボブ・ジラルディ] ニューヨークに実在する人気レストランを舞台に繰り広げる人間模様。 厨房シーンがエキサイティングで、それだけでも十分に楽しめる。 いい具合に食欲を刺激してくれます。                       ★★★★(2005.6) ディナーラッシュ [DVD]ハピネット 2007-02-09 ユーザレビュー…

続きを読む

[File.085]天才マックスの世界(1998)

天才マックスの世界 [1998 アメリカ ウェス・アンダーソン] 監督の世界=マックスなのかしら。 日本では未公開だけど、これが監督の出世作となりました。 この頃から完成度高し。 万人受けはしないと思うけど、おバカなセンスは大好き。                     ★★★★(2005.6) 天才マックスの世界 [DVD]ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメン…

続きを読む

[File.079]月とキャベツ(1996)

月とキャベツ [1996 日本 篠原哲雄] テーマソングは大好きなので、ずっと気になっていたけど、 8年越しでようやく観れました。 公開当時、○○が主役の予定だったなどという噂をたくさん耳にしたので、 実はとても抵抗があった。 でも、観終わってから監督のインタビューを聞いて、 山崎まさよしと「One more time,one more chance」 との出会いが結果的に…

続きを読む

[File.075]ドッグヴィル(2003)

ドッグヴィル [2003 デンマーク ラース・フォントリアー] 人間の暗部を見事にえぐりだした作品。 俯瞰の図や壁のないセットなどで閉鎖的な社会を効果的に表す。 3時間の9部構成、無駄のない演出は見事。 いやーな気分になるけど、また観たくなる作品。 苦手な人は全部観れないかもしれない。                     ★★★★☆(2005.6) ドッグヴィル…

続きを読む

[File.072]トーク・トゥ・ハー(2002)

トーク・トゥ・ハー [2002 スペイン ペドロ・アルモドバル] アルモドバル監督はやっぱり好きです。 今回はとてもシンプルな(?)ラブストーリー。 昏睡状態に陥った二人の女性と 彼女たちを愛しつづける男性たち。 サイレント映画や舞台も効果的。          ★★★★★(2005.7) トーク・トゥ・ハー スタンダード・エディション [DVD]日活 2004-0…

続きを読む

[File.061]デブラ・ウィンガーを探して(2002)

デブラ・ウィンガーを探して [2002 アメリカ ロザンナ・アークエット] 恋愛、結婚、子育てに悩む女優たちが本音をぶつける。 ロザンナ・アークエットの人脈の広さにまず驚く。 女優同士のプライベートな会話が聞けておもしろい。 デブラ・ウィンガーが現役女優に負けず、今なお美しい。                   ★★★☆(2005.5) デブラ・ウィンガーを探…

続きを読む

[File.060]チルソクの夏(2003)

チルソクの夏 [2003 日本 佐々部清] 「来年のチルソク(七夕)に再会しよう」 1977年の夏、下関を舞台に日韓の高校生の淡い恋を描く。 民族間の溝の深さと約束を貫く愛が痛々しい。 主演の水谷妃里の物憂げな表情がいい。                ★★★☆(2005.6) チルソクの夏 [DVD]角川エンタテインメント 2008-10-24 ユーザレビュー…

続きを読む