リンダリンダリンダ(2005)

リンダリンダリンダ
[2005 日本 山下敦弘]

高校最後の文化祭に向けオリジナル曲を練習していたガールズバンドだったが、
文化祭直前でメンバーが指を骨折したり、ボーカルが抜けたり、バンドは空中分解。
残されたメンバーは3人。ドラムの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)、
キーボードだった恵(香椎由宇)はギターへ。
ブルーハーツのコピーをやろうと盛り上がるも、ボーカルはどうするのか。
勢いで声を掛けた相手は、韓国からの留学生ソン(ペ・ドゥナ)だった。
果たして三日後に迫ったステージに間に合うのか!?

女子高生、文化祭、コピーバンド

この言葉を聞くだけで、甘酸っぱい、キラキラした青春の思い出が蘇る。
この作品はそんな期待を裏切らない、
女子高生たちの、高校生たちのキラキラがいっぱいつまった作品。

等身大というと大げさだけど、まさにリアルな日常。
文化祭の前日から3日間の文化祭という、4日間だけの話だけど、
切羽詰った感じだったり、でも寄り道しちゃうところだったり、
リアルに表現されていて好きだな。
バンドメンバー4人のバランスもすごくよい。
ライヴシーンもいい。
湯川潮音(萌)のライヴはとってもお得な気分。

バンドへの憧れって中高生の時期が一番強い時期だと思うし、
自分も憧れてた。軽音部があったら、きっと入ってただろう。
あの部室の雰囲気、壁に貼られたポスターや音楽雑誌、練習風景などは、想像してた通り。
あと10年早くこの作品に出会えてたら、間違いなくバンドを始めてるな。
きっと、そんな風にバンドを始める女の子や中高生も多いんじゃないかな。
それくらい高校生の衝動がリアルに描かれている。
(2008.11)★★★★


ユーザレビュー:
ドキュメンタリーのよ ...
なかま。不安で不安で ...
結局、歌が上手かった ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

前田亜季 結婚
Excerpt: 前田亜季ってバトルロワイアル以降、結構人気でるかと思ったらあまり出てこないで....前田亜季ってバトルロワイアル以降、結構人気でるかと思ったらあまり出てこないですよね?いい女優だと思うんだけどなんでだ..
Weblog: ずっと想っていてほしい
Tracked: 2009-01-07 17:49

前田亜季
Excerpt: 中村勘太郎「とても大切な存在です」 - 7年交際の前田愛と結婚へ マイコミジャ...
Weblog: まりえの出来事
Tracked: 2009-01-08 12:23