転々(2007)

転々
[2007 日本 三木聡]

三木聡監督作品はどれも好きなんですが、
今までで一番好きかもしれないです。
オダギリジョーが醸し出す雰囲気やコメディセンスと
監督のこだわりや空気感がみごとにはまった作品。

もちろん、相変わらず小ネタ満載ですが、
ひとりぼっちの男ふたりの東京散歩というメインの
ストーリーがしっかりしているので、
他の場面に切り替わってもブレないし、
むしろ、岩松さんやふせさんたち常連組が出てくると
安心感があったりもします。
『時効警察』ファンのにはたまらないシーンもいくつかあるので、
『時効警察』を観てからの方がより楽しめます。

のんびり、ほっこり、クスっとできて、ちょっぴりホロりとする。
でも、決して大げさに泣かせようとしてないところがいいんです。
回想や妄想、ちりばめられた伏線によって、
いろいろと想像力をかきたてられるのもおもしろい。
その後、ふたりがどうなったのかちょっと覗いてみたくなった。

今までの作品は風景をじっくり観るというより、
小ネタに「へぇ~」とか「おぉ」と思うことの方が多かった気がするけど、
今作はふたりが散歩してる街の風景が「いい感じ」だったなと思った。
思わず散歩に出かけたくなる。
自分が昔住んでた街に行ってみたくなる。
といっても、そんなノスタルジックな感じじゃなく、
何かおもしろいものに出会えるかもという好奇心かな。

『図鑑に載ってない虫』でちょっと着いていけなかったという方も、
今まで三木作品を観たことがない方も、ぜひぜひ観てもらいたい。
(2008.11)★★★★☆

転々 プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント
2008-04-23
ユーザレビュー:
東京をとぼとぼ 心が ...
今年夏、弟と一緒に東 ...
こころ、ゆる~くなり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



転々 (新潮文庫)
新潮社
藤田 宜永
ユーザレビュー:
どこか惜しい一番気に ...
世代の感覚、価値観の ...
ドタバタ東京散歩ある ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック