タロットカード殺人事件(2006)

タロットカード殺人事件
[2006 英・米 ウディ・アレン]

ジャーナリスト志望の女子大生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)が、
有名ジャーナリストの幽霊(イアン・マクシェーン)から
世間を騒がせているタロットカード殺人事件の犯人の名を聞かされた。
サンドラはスクープの証拠を掴むため、マジシャンのシド(ウディ・アレン)と
容疑者に近づこうとするのだが・・・

なんでこんなコテコテのタイトルなんだろうと思ったら、
原題は『Scoop』なんですね。そっちの方があってるな。
コメディ色の強い、サスペンス。

前作の『マッチポイント』で意気投合した
ウディ・アレンとスカーレット・ヨハンソン。
そんな二人の掛け合いがこの作品の最大の魅力。

ウディ・アレン作品の中でも、分かりやすいのでは。
コメディ好きもサスペンス好きにも是非観てほしい。
私はどっちも好きなので、かなり楽しめました。

やっぱり好きだな、ウディ・アレン。
年1回のペースで作品を作り続けてるのがスゴイ!
★★★☆(2008.6)


タロットカード殺人事件
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
2008-03-19
ユーザレビュー:
サスペンス・コメディ ...
とても面白かったです ...
有名俳優とイギリスと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック