アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
ホノカアボーイ(2009)
ホノカアボーイ(2009) ホノカアボーイ [2009 日本 真田敦] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 10:13
サイドウェイズ(2009)
サイドウェイズ(2009) サイドウェイズ [2009 日本 チェリン・グラック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 10:09
インスタント沼(2009)
インスタント沼(2009) インスタント沼 [2009 日本 三木聡] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 01:41
キトキト!(2006)
キトキト!(2006) キトキト! [2006 日本 吉田康弘] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 01:16
ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008)
ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008) ぼくたちと駐在さんの700日戦争 [2008 日本 塚本連平] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 22:54
ROOKIES―卒業―(2009 )
ROOKIES―卒業―(2009 ) ROOKIES―卒業― [2009 日本 平川雄一朗] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 22:42
コックと泥棒、その妻と愛人(1989)
コックと泥棒、その妻と愛人(1989) コックと泥棒、その妻と愛人 [1989 英・仏 ピーター・グリナウェイ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 22:25
となり町戦争(2006)
となり町戦争(2006) となり町戦争 [2006 日本 渡辺謙作] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/25 08:37
オリヲン座からの招待状(2007)
オリヲン座からの招待状(2007) オリヲン座からの招待状 [2007 日本 三枝健起] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/25 08:36
全然大丈夫(2007)
全然大丈夫(2007) 全然大丈夫 [2007 日本 藤田容介] ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/24 22:40
たみおのしあわせ(2007)
たみおのしあわせ(2007) たみおのしあわせ [2007 日本 岩松了] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 22:38
アフタースクール(2008)
アフタースクール(2008) アフタースクール [2008 日本 内田けんじ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/24 22:34
天然コケッコー(2007)
天然コケッコー(2007) 天然コケッコー [2007 日本 山下敦弘] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/23 14:57
観察 永遠に君をみつめて(2007)
観察 永遠に君をみつめて(2007) 観察 永遠に君をみつめて [2007 日本 横井健司] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 02:20
リンダリンダリンダ(2005)
リンダリンダリンダ(2005) リンダリンダリンダ [2005 日本 山下敦弘] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/12/13 02:14
転々(2007)
転々(2007) 転々 [2007 日本 三木聡] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/27 12:46
タロットカード殺人事件(2006)
タロットカード殺人事件(2006) タロットカード殺人事件 [2006 英・米 ウディ・アレン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/17 21:39
7月24日通りのクリスマス(2006)
7月24日通りのクリスマス(2006) 7月24日通りのクリスマス [2006 日本 村上正典] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 19:56
あるスキャンダルの覚え書き(2006)
あるスキャンダルの覚え書き(2006) あるスキャンダルの覚え書き [2006 英 リチャード・エア] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/07/14 12:41
図鑑に載ってない虫(2007)
図鑑に載ってない虫(2007) 図鑑に載ってない虫 [2007 日本 三木聡] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 23:56
間宮兄弟(2006)
間宮兄弟(2006) 間宮兄弟 [2006 日本 森田芳光] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 23:16
アヒルと鴨のコインロッカー(2006)
アヒルと鴨のコインロッカー(2006) アヒルと鴨のコインロッカー [2006 日本 中村義洋] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/10 18:17
恋するマドリ(2007)
恋するマドリ(2007) 恋するマドリ [2007 日本 大九明子] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/10 16:52
イヌゴエ 幸せの肉球(2006)
イヌゴエ 幸せの肉球(2006) イヌゴエ 幸せの肉球 [2006 日本 横井健司] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/10 11:54
ディパーテッド(2006)
ディパーテッド(2006) ディパーテッド [2006 米 マーティン・スコセッシ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/09 22:59
いま、会いにゆきます(2004)
いま、会いにゆきます(2004) いま、会いにゆきます [2004 日本 土井裕泰] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/09 22:49
ホテル・ルワンダ(2004)
ホテル・ルワンダ(2004) ホテル・ルワンダ [2004 イギリス/イタリア/南アフリカ テリー・ジョージ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 15:53
ゆれる(2006)
ゆれる(2006) ゆれる [2006 日本 西川美和] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 15:03
パビリオン山椒魚(2006)
パビリオン山椒魚(2006) パビリオン山椒魚 [2006 日本 冨永昌敬] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 15:02
笑う大天使[ミカエル](2005)
笑う大天使[ミカエル](2005) 笑う大天使(ミカエル) [2005 日本 小田一生] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/03 15:01
プラダを着た悪魔(2006)
プラダを着た悪魔(2006) プラダを着た悪魔 [2006 米 デビッド・フランケル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/03 14:55
キンキーブーツ(2005)
キンキーブーツ(2005) キンキーブーツ [2005 米・英 ジュリアン・ジャロルド] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/28 20:00
リトル・ミス・サンシャイン(2006)
リトル・ミス・サンシャイン(2006) リトル・ミス・サンシャイン [2006 米 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/28 19:47
夢の中へ(2005)
夢の中へ(2005) 夢の中へ [2005 日本 園子温] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 17:52
ドア・イン・ザ・フロア(2004)
ドア・イン・ザ・フロア(2004) ドア・イン・ザ・フロア [2004 米 トッド・ウィリアムズ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 17:35
フィレーネのキライなこと(2003)
フィレーネのキライなこと [2003 オランダ ロバート・ヤン・ウェストダイク] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 16:54
かもめ食堂(2005)
かもめ食堂(2005) かもめ食堂 [2005 日本 荻上直子] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 13:55
いちばんきれいな水(2006)
いちばんきれいな水(2006) いちばんきれいな水 [2006 日本 ウスイヒロシ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/17 20:23
ブロークン・フラワーズ(2005)
ブロークン・フラワーズ(2005) ブロークン・フラワーズ [2005 米 ジム・ジャームッシュ] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/15 21:40
ライフ・イズ・ジャーニー(2003)
ライフ・イズ・ジャーニー(2003) ライフ・イズ・ジャーニーLIFE IS JOURNEY [2003 日本 田辺誠一] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 21:37
メールで届いた物語(ストーリー)(2005)
メールで届いた物語(ストーリー)(2005) メールで届いた物語(ストーリー) [2005 日本] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 21:25
Jam Films S(2004)
Jam Films S(2004) Jam Films S [2004 日本] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 21:19
理想の恋人.com(2005)
理想の恋人.com(2005) 理想の恋人.com(2005) [2005 米 ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 14:38
プリティ・ヘレン(2004)
プリティ・ヘレン(2004) プリティ・ヘレン [2004 米 ゲイリー・マーシャル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 14:33
銀のエンゼル(2004)
銀のエンゼル(2004) 銀のエンゼル [2004 日本 鈴井貴之] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 14:29
スーパーサイズ・ミー(2004)
スーパーサイズ・ミー(2004) スーパーサイズ・ミー [2004 米 モーガン・スパーロック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 14:27
明日の記憶(2005)
明日の記憶(2005) 明日の記憶 [2005 日本 堤幸彦] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 14:23
ALWAYS 三丁目の夕日(2005)
ALWAYS 三丁目の夕日(2005) ALWAYS 三丁目の夕日 [2005 日 山崎貴] 最初の5分くらいで、「この映画すきだな」って感じることがまれにあるけど、 この作品はまさにそんな感じだった。 昭和33年の東京下町の町並みが映し出されたとたんにワクワクしてしまった。 その時代を知らないけど、なんだかとても懐かしいものに再会した気分。 ものにあふれ、情報にあふれている今だからこそ、 つい忘れがちな何かを感じられたのではないかな。 戦後まもない、貧しいけれど、希望と活気にみちた時代。 当時をたくまし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 16:16
ニュー・シネマ・パラダイス (1989)
ニュー・シネマ・パラダイス (1989) ニュー・シネマ・パラダイス [1989 イタリア・フランス  ジュゼッペ・トルナトーレ] こういう映画に出会うと本当に幸せな気持ちになる。 何度も見たのに、毎回笑わせ、泣かせてくれる。 ここに大好きなシーンを書きとめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 16:14
ニコ・イコン(1995)
ニコ・イコン(1995) ニコ・イコン NICO ICON  [1995 ドイツ スザンネ・オフテリンガー] かっこいい女性は、たたずまいから何から、その存在自体がかっこいい。 同様に、ベルベットのニコから、 一人の人間 としての「ニコ」の存在を認めざるを得ない。 ニコは自分のレコードを「V」の棚で見掛けたとき、 ”「N」の棚で見つけられないなんて!”と 嘆いていたが、本当にそう、ニコは他の誰でもない「ニコ」なのだから。 ニコに関わった人たちのコメントも、ニコの印象は、人それぞれ全く違ってい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 16:04
ロード・オブ・ザ・リング三部作
ロード・オブ・ザ・リング [2001 アメリカ・ニュージーランド ピーター・ジャクソン] 三部作の序章にすぎないけど、これがあるから、2、3が生きてくる。 フロドが指輪と仲間たちに出会って長い旅がスタート。 指輪の持つ力がどんなものか、 そこに引き込まれれば、三部作は楽しめるはず。 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 [2002 アメリカ・ニュージーランド ピーター・ジャクソン] 1に比べて、一人ひとりのキャラクターがしっかりしてるし、 活躍の場がそれぞれあっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 16:00
ビフォア・サンセット(2004)
ビフォア・サンセット [2004 アメリカ リチャード・リンクレイター] パリの書店で再会するジェシーとセリーヌ。 話したいことはいっぱいあるのに残された時間は1時間あまり。 約束した日のことや、現在のパートナーのことなど事実が明らかになるたびに 切なくなるけれど、それがまたリアルな感じでよい。 お互いに過ごしてきた9年間の重みが会話に詰め込まれてます。 ★★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:56
ビフォア・サンライズ(1995)
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 [1995 アメリカ リチャード・リンクレイター] 列車の中で偶然出会ったアメリカ人のジェシーとフランス人のセリーヌ。 2人は意気投合して途中下車し、ウィーンの街を歩く。 お互い旅の途中なので一緒にいられる時間は一夜だけ。 2人の会話がとても自然で、デートを追ったドキュメンタリーのよう。 ★★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:55
ニュースの天才(2004)
ニュースの天才 [2004 アメリカ ビリー・レイ] 実話をもとにつくられたそうです。 権威ある政治雑誌の若手編集者スティーブン・グラス。 ウソを本当にしてしまうジャーナリズムの脅威。 予備知識なしで観るほうが映画としては最後まで素直に楽しめるかな。 ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:53
テイキング・ライブス(2004)
テイキング・ライブス [2004 アメリカ D.J.カルーソ] 他人の人生を乗っ取る=テイキング・ライブス 題材としてはおもしろいだけに、少々もったいなさが残る。 アンジェリーナ・ジョリーの鍛え抜かれた肉体美には見とれてしまいます。 ★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:52
スパイダー・フォレスト 懺悔(2004)
スパイダー・フォレスト 懺悔 [2004 韓国 ソン・イルゴン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:51
巴里の恋愛協奏曲(2003)
巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト) [2003 フランス アラン・レネ] オドレイ・トトゥが出演してるミュージカルってことで、 おしゃれなパリを求めて観るとまんまと裏切られます。 フランスっぽいといえばそうなんだけど、かなりシュールな恋愛劇。 衣装や音楽は豪華で楽しめます。 予備知識なしで観ると失敗するタイプの作品。 ★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/10 15:49
キッチン・ストーリー (2003)
キッチン・ストーリー [2003 ノルウェー・スウェーデン ベント・ハーメル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:48
春の雪(2005)
春の雪 [2005 日本 行定勲] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:46
アメリカン・スプレンダー (2003)
アメリカン・スプレンダー [2003 アメリカ シャリ・スプリンガー・バーマー/ロバート・プルチーニ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:45
靴に恋して(2004)
靴に恋して [2004 スペイン ラモン・サラサール] 盗んだ靴をはく女 偏平足の女 スリッパをはく女 スニーカーをはく女 小さな靴をはく女 年代も環境も違う女性の様々な愛の形を描いた作品。とても切ないお話。 靴にまつわるエピソードを期待して観るとちょっとがっかりするかも。 色彩や音楽、シーンの切り替え方などは好きです。 ★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:44
戦場のピアニスト (2002)
戦場のピアニスト [2002 ポーランド・フランス ロマン・ポランスキー] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:42
ストーリーテリング (2002)
ストーリーテリング [2002 アメリカ トッド・ソロンズ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:41
16歳の合衆国 (2004)
16歳の合衆国 [2004 アメリカ マシュー・ライアン・ホーグ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:39
この胸いっぱいの愛を(2005)
この胸いっぱいの愛を [2005 日本 塩田明彦] 「黄泉がえり」の監督と原作のコンビ再びですが、 続編ではないので、あまりそこを意識しないほうがよいです。 予備知識なしに観るとすなおに泣けたりもします。 少年ヒロがとてもよかったです。 クドカンのエピソードが個人的には一番好き。 もしも、ひとつだけやりなおせるとしたら、戻りたい過去はいつですか? うーん、いつでしょう? 学生時代に戻ってまじめに英語を勉強したいな。 ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:37
忍 SHINOBI(2005)
忍 SHINOBI [2005 日本 下山天] 今年は男女の悲恋と宿命の対決を描いた作品が異常に多かったような。 時代劇でアクションものなので、 本来なら好んで観るタイプの作品ではないんだけど、 それでも、観るならスクリーンがいいなと思わせてくれる 迫力のシーン満載でした。 あっさり決着がつきすぎな感じもしたけど、 2時間ひっぱれたのはすごいです。 ★★★(2005.9) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:36
シン・シティ(2005)
シン・シティ [2005 アメリカ フランク・ミラー/ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ] コミックの感じをそのまま出した映像は好き。 血が赤くないのでグロさは軽減されてた。 全体的にリアルな映像だったらおそらく観ていられないです。 いくつかエピソードがあったけど、ナンシーのが素敵でした。 出てくる女性がかっこいい、とくにデヴォン青木! ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/10 15:35
チャーリーとチョコレート工場(2005)
チャーリーとチョコレート工場 [2005 アメリカ・イギリス ティム・バートン] まさしく大人のためのファンタジー。 オープニングの板チョコが出来上がるまでの過程だけでも、 ワクワクドキドキ。 ウォンカさんのパーソナルな面をのぞいて、原作に忠実で、 原作ファンの私も大満足。 少年の心を忘れないティム・バートンと ジョニー・デップらの想像力がなせる技です。 チャーリーとその家族の純粋さには、 ウォンカさんでなくともとりこになります。 ウンパ・ルンパの歌とダンスもサ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:32
ピアニスト(2001)
ピアニスト [2001 フランス・オーストリア ミヒャエル・ハケネ] 2001年のカンヌを独占し話題になりましたが、ようやく観ました。 ピアニストになるべく厳しく育てられ、母親に束縛され続け、 いつしかアブノーマルな趣味に傾倒していくエリカ(40歳)。 音楽院でピアノを教える彼女と青年ワルターの間に特別な感情が 芽生えるが、歪んだ愛の形は届くのか。 ピアノを弾くシーンが多く、鍵盤のアップもまことに素敵なんだけど、 痛々しくて、食傷ぎみ。かなり後味悪いです。 ★... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:31
家族のかたち(2002)
家族のかたち [2002 イギリス シェーン・メドウス] シャーリーは娘のマーリーンと恋人のデックと幸せな日々を送っていたが、 ある日突然、元夫のジミーが戻ってきた。 やさしいがちょっと気弱なデックとかっこいいが自分勝手なジミー、 2人の間で揺れるシャーリーはどんな決断をくだすのか。 セリフのせいか、すごくイギリスっぽいなと感じる映画。 親友キャロルとの家族ぐるみの付き合いは微笑ましい。 形式にこだわらない家族のあり方についても考えさせられる。 ★★★(200... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:30
アンナとロッテ(2002)
アンナとロッテ [2002 オランダ・ルクセンブルグ ベン・ソムボーハルト] 1926年ドイツ・ケルン 両親の死によって引き裂かれてしまった幼い双子姉妹。 姉のアンナはドイツの貧しい農家へ、妹ロッテはオランダの裕福な家庭へ。 対称的な環境で育てられ、戦争という時代の波に翻弄されていく 2人の生き方をたんたんと描く。 アンナとロッテが少女から女性へと自立、成長していく過程の 豊かな感情表現にぐっと引き付けられます。 ★★★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:29
セックスと嘘とビデオテープ (1989)
セックスと嘘とビデオテープ [1989 アメリカ スティーブン・ソダーバーグ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:26
アメリカン・グラフィティ (1973)
アメリカン・グラフィティ [1973 アメリカ ジョージ・ルーカス] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:24
何かいいことないか子猫チャン (1964)
何かいいことないか子猫チャン [1964 アメリカ クライヴ・ドナー] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:23
イレイザーヘッド (1976)
イレイザーヘッド [1976 アメリカ デヴィッド・リンチ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:21
エンパイア・レコード (1995)
エンパイア・レコード [1995 アメリカ アラン・モイル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:20
レオン (1994)
レオン [1994 アメリカ リュック・ベッソン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:18
007 カジノロワイヤル (1967)
007 カジノロワイヤル [1967 イギリス ジョン・ヒューストン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:15
乙女の祈り (1994)
乙女の祈り [1994 ニュージーランド、アメリカ ピーター・ジャクソン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:11
ベティ・ブルー (1986)
ベティ・ブルー [1986 フランス ジャン・ジャック・ベネックス] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:10
愛のめぐりあい (1995)
愛のめぐりあい [1995 仏伊独 ミケランジェロ・アントニオーニ/ヴィム・ヴェンダース] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:07
時計じかけのオレンジ (1971)
時計じかけのオレンジ [1971 イギリス スタンリー・キューブリック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:05
2001年宇宙の旅 (1968)
2001年宇宙の旅 [1968 アメリカ・イギリス スタンリー・キューブリック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:04
ユージュアル・サスペクツ (1995)
ユージュアル・サスペクツ [1995 アメリカ ブライアン・シンガー] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:02
ギルバート・グレイプ (1993)
ギルバート・グレイプ [1993 アメリカ ラッセ・ハルストレム] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:01
ドンファン (1995)
ドンファン [1995 アメリカ ジェレミー・レヴィン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:59
陽のあたる教室 (1995)
陽のあたる教室 [1995 アメリカ スティーヴン・ヘレク] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:56
トレインスポッティング (1996)
トレインスポッティング [1996 イギリス ダニー・ボイル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:53
バスケットボール・ダイアリーズ (1995)
バスケットボール・ダイアリーズ [1995 アメリカ スコット・カルヴァート] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:50
レザボアドッグス (1991)
レザボアドッグス [1991 アメリカ クエンティン・タランティーノ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:48
SF サムライ・フィクション (1998)
SF サムライ・フィクション [1998 日本 中野裕之] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:46
バンドワゴン (1996)
バンドワゴン [1996 アメリカ ジョン・シュルツ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:44
オースティン・パワーズ (1997)
オースティン・パワーズ [1997 アメリカ ジェイ・ローチ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:41
スクリーム2 (1997)
スクリーム2 [1997 アメリカ ウェス・クレイヴン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:39
L.A.コンフィデンシャル (1997)
L.A.コンフィデンシャル [1997 アメリカ カーティス・ハンソン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:37
プレタポルテ (1994)
プレタポルテ [1994 イタリア ロバート・アルトマン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:35
他人のそら似 (1994)
他人のそら似 [1994 フランス ミシェル・ブラン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:31
KIDS/キッズ (1995)
KIDS/キッズ [1995 アメリカ ラリー・クラーク] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:28
さらば青春の光 (1979)
さらば青春の光 [1979 イギリス フランク・ロッダム] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:23
スワロウテイル (1996)
スワロウテイル [1996 日本 岩井俊二] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:21
子供は何でも知っている。 (1985)
子供は何でも知っている。 [1985 イタリア ピーター・デル・モンテ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:18
マイ・フレンド・フォーエバー (1995)
マイ・フレンド・フォーエバー [1995 アメリカ ピーター・ホートン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:15
ミナ(1993)
ミナ [1993 フランス マルティーヌ・デュゴウソン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:11
スイミング・プール(2003)
スイミング・プール [2003 フランス・イギリス フランソワ・オゾン] ラストシーンから、頭の中で謎解きがスタート。 いろんな解釈ができそうで、観た後のほうが楽しめるちょっと変わった作品。 シャーロット・ランプリングは知性あふれるミステリー作家の役がはまってます。 どこからどこまでが彼女の創造上のものなんでしょう。 いろいろと確かめたくて、もう一度観たくなります。 ★★★★☆(2005.11... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:04
暗い日曜日(1999)
暗い日曜日 [1999 ドイツ・ハンガリー ロルフ・シューベル] 1930年代、シャンソンの名曲「暗い日曜日」を聞いて自殺する人が続出し、 各国で発禁処分になったそうです。どこまでが事実かはわからないけど、 この曲をモチーフに作られた作品。 第二次大戦前夜のブダペスト。レストランオーナーのラズロと若く美しいイロナ、 そこでピアノを弾くアンドラージュは奇妙な三角関係を続けるが、 名曲の誕生とナチスの台頭によって翻弄されていく。 この曲に思い入れはないけれど、やりき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:03
亀は意外と速く泳ぐ (2005)
亀は意外と速く泳ぐ (2005 日本 三木聡) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:02
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(1975)
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ [1975 フランス セルジュ・ゲンズブール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:35
スタン・ザ・フラッシャー (1990)
スタン・ザ・フラッシャー [1990 フランス セルジュ・ゲンズブール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:29
ガラスの墓標 (1969)
ガラスの墓標 [1969 フランス・イタリア・西ドイツ  ピエール・コラルニック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:25
スローガン (1968)
スローガン [1968 フランス ピエール・グランブラ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:20
小さな泥棒 (1988)
小さな泥棒 [1988 フランス クロード・ミレール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:17
メルシー・ラ・ヴィ (1993)
メルシー・ラ・ヴィ [1993 フランス ベルトラン・ブリエ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:12
愛を止めないで(1991)
愛を止めないで [1991 フランス エリック・ロシャン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:09
ジェイン・エア (1996)
ジェイン・エア [1996 イギリス フランコ・ゼフィレッツ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:06
なまいきシャルロット (1985)
なまいきシャルロット [1985 フランス クロード・ミレール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:57
ルナティック・ラヴ The Cement Garden (1992)
ルナティック・ラヴ The Cement Garden [1992 イギリス アンドリュー・バーキン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:55
愛されすぎて(1992)
愛されすぎて [1992 フランス ジャック・ドワイヨン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:50
欲望 BLOWUP (1966)
欲望 BLOWUP [1966 イギリス・イタリア ミケランジェロ・アントニオーニ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:47
ワンダーウォール(1968)
ワンダーウォール [1968 イギリス ジョー・マソット] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:45
美しき諍い女(1991)
美しき諍い女(いさかいめ) [1991 フランス ジャック・リヴェット] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:43
ジョアンナ(1968)
ジョアンナ [1968 イギリス マイケル・サーン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:41
唇からナイフ (1966)
唇からナイフ [1966 イギリス ジョセフ・ロージー] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:37
突然炎のごとく(1961)
突然炎のごとく [1961 フランス フランソワ・トリュフォー] 生涯、女性を愛し続け、恋愛映画を撮り続けたトリュフォーの初期の作品。 「ジュールとジム」っていう原題が好き。 愛と友情の三角関係、ジュールとジム、そしてカトリーヌ。 カトリーヌの自由奔放な愛に二人はついていけるのか?                        ★★★☆(1996) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:35
砂丘 (1970)
砂丘 [1970 イギリス ミケランジェロ・アントニオーニ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:32
勝手にしやがれ (1959)
勝手にしやがれ [1959 フランス ジャン=リュック・ゴダール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:30
気狂いピエロ (1965)
気狂いピエロ [1965 フランス・イタリア ジャン=リュック・ゴダール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:28
恋のマノン (1967)
恋のマノン [1967 フランス ジャン・オーレル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:24
ブリキの太鼓 (1979)
ブリキの太鼓 [1979 西ドイツ・フランス フォルカー・シュレンドルフ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:22
ラジオ・フライヤー(1992)
ラジオ・フライヤー [1992 アメリカ リチャード・ドナー] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:19
アンカーウーマン(1996)
アンカーウーマン [1996 アメリカ ジョン・アヴネット] アンカーウーマンとはニュース・キャスターのこと。 アンカーウーマンを夢みる地方出身のタリー(ミシェル・ファイファー)が 全国ネットのアンカーにのぼりつめるサクセスストーリー。 一般紙や経済紙を読まなかった彼女が プロデューサーのウォーレン(R・レッドフォード)によって 才能を引き出され、自立した女性へと成長していく。 どんどんきれいに、そして強くなっていくミシェル・ファイファーがいい。 彼女を支えるロバー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:16
カレンダー・ガールズ(2003)
カレンダー・ガールズ [2003 アメリカ ナイジェル・コール] ほのぼのと心温まる作品。 中年女性がヌードカレンダーを作るってことで、正直躊躇したけど、 みんなチャーミングで、ストーリーもしっかりしてておもしろい。 これが実話だというのだから、さらに驚きです。 ★★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:14
ル・ディヴォース/パリに恋して(2003)
ル・ディヴォース/パリに恋して [2003 アメリカ・フランス ジェームズ・アイヴォリー] ケイト・ハドソンとナオミ・ワッツの共演ってことで、 いやでも期待が高まりますが、期待しすぎはやはりよくない。 ファッションやパリの風景は楽しめるし、 アメリカとフランスの文化の違いもおもしろいけど、 なんだかとりとめのない話になってて、もったいない感じです。 ★★☆(2005... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:13
ザ・コンテンダー(2000)
ザ・コンテンダー [2000 アメリカ ロッド・ルーリー] 社会派ドラマは勉強になります。 アメリカの政界は社会の縮図のようで、観ていておどろくことばかり。 ゲイリー・オールドマンの見事な変身にもビックリ。 しばらく誰かわからなかった。 FBI役のキャサリン・モリスはかわいかった。                ★★★☆(2005.10.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:11
失恋セラピスト(1996)
失恋セラピスト [1996 アメリカ エリック・シェイファー] <ネタバレ注意> 身近な人に気づくっていうよくあるパターンのラブコメだけど、 サラ・ジェシカ・パーカーの魅力のおかげでおもしろくなってます。 当時12歳のスカーレット・ヨハンソンが小学生役で登場するけど、 そのインパクトの方が強烈だったりします。                ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:10
アップタウン・ガールズ(2003)
アップタウン・ガールズ [2003 アメリカ ボアズ・イェーキン] ダコタ・ファニングもブリタニー・マーフィーもかわいい。 恋愛よりも2人の友情が重視されてるところがよい。 ファッションや小物づかいも楽しめる。 シーンのつなぎめもスムーズですきです。              ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:08
ウーマン・オン・トップ(2000)
ウーマン・オン・トップ [2000 アメリカ フィナ・トレス] 男性をたちまちとりこにするペネロペ・クルスがかわいい。 情熱的でロマンチックなラブストーリー。 ボサノバナンバーも満載で素敵。               ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:07
ダーク・ウォーター (2005)
ダーク・ウォーター [2005 アメリカ ウォルター・サレス] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:54
マドモアゼル a Go Go(1974)
マドモアゼル a Go Go [1974 イタリア・フランス リシャール・バルデュッシ] これぞナンセンス! なにも考えずに楽しめるドタバタコメディ。 女の子4人が全員キュート。衣装もかわいい。 ゲンズブールのこんなおちゃめな役は初めて観た。                ★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:53
イン・ハー・シューズ(2005)
イン・ハー・シューズ [2005 アメリカ カーティス・ハンソン] 対照的な2人姉妹の切っても切れない絆が深くて熱い。 姉妹を持つ女性なら少なからず共感できるでしょう。 キャメロン・ディアスはもちろんですが、トニ・コレットもやっぱり素敵。 シャーリー・マクレーン扮する祖母やその周りの人たちがいい味出してた。                            ★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:51
ふたりの5つの分かれ道(2004)
ふたりの5つの分かれ道 [2004 フランス フランソワ・オゾン] ある夫婦の離婚からはじまり、あるディナー、出産、結婚、出会いへと ふたりにとって重要な5つの時間をさかのぼる。 次第にあきらかになる別れへの伏線がせつなくもあり、 相手を思いやることの大切さを改めて感じさせてくれる。 各エピソードの間の暗転中に、いろんなことを考えさせられた。 時間をさかのぼるたびに若々しくなっていくマリオンを 演じきったヴァレリア・ブルーニ・テデスキはよいですね。 ヘアスタイルや体... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:50
シンデレラマン (2005)
シンデレラマン [2005 アメリカ ロン・ハワード] 実在のボクサー・ジム・ブラドックの半生を描く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:48
愛についてのキンゼイ・レポート (2004)
愛についてのキンゼイ・レポート [2004 アメリカ・ドイツ ビル・コンドン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:46
微笑みに出逢う街角(2002)
微笑みに出逢う街角 [2002 カナダ・イタリア エドアルド・ポンティ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:44
大いなる休暇(2003)
大いなる休暇 [2003 カナダ ジャン・フランソワ・プリオ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:41
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005)
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE [2005 香港・中国 アンドリュー・ラウ/アラン・マック] 走り屋とかは全く興味ないんだけど、これはおもしろかった。 「インファナル・アフェア」のキャストが集結したお得感もあり、楽しめた。 ヒロインに鈴木杏ちゃんを起用した理由は謎ですが、 香港の人たちによって作られたのがよかったんだと思う。                       ★★★(2005.9) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:40
タッチ(2005)
タッチ [2005 日本 犬童一心] 原作コミックで、アニメでと何度も観て何度も泣いた思い出深い作品。 斉藤双子によって実写化が実現。 おなじみのアイテムや忘れられないシーンやセリフ満載。 よく2時間にまとめたなという感じ。 原田くんがよかった。 原作の存在が大きすぎて犬童監督色はそんなに出てなかったのが残念。                            ★★★★(2005.8) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:38
皇帝ペンギン(2005)
皇帝ペンギン [2005 フランス リュック・ジャケ] 大自然にまさるものはない。 種の保存という究極のテーマをペンギンたちを通して教わった。 生きていくことって、それだけですばらしい。              ★★★★☆(2005.8) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:37
インファナル・アフェア三部作
インファナル・アフェアV 終極無間 [2003 香港 アンドリュー・ラウ/アラン・マック] とにかく三部作の構成がすばらしい。 第1作から一貫しているテーマ「宿命」がうまく絡み合ってて、何度もうなってしまう。 時間軸が行ったり来たりするのでかなり混乱してしまうけど、 落ち着いて整理するとさらに納得。 (テンポが速いので観ている間は考えてるヒマがない) またすぐに1を観直してしまった。そして2も続けて観てしまうだろう。 警官として生きる道を選んだラウは善人になれるのだろ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:36
ショーシャンクの空に(1994)
ショーシャンクの空に [1994 アメリカ フランク・ダラポン] 公開10周年目にして、ようやく観る機会を得ました。 今年はメモリアルボックスも出たんですね。 なるほど納得。みんなに愛されてる理由がよくわかります。 どういう環境でも 希望を持ち続けること。 人間らしく生きること。 説教くさく感じさせないのは、アンディの不思議な魅力のおかげでしょうか。                          ★★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:32
ワイルドシングス(1998)
ワイルドシングス [1998 アメリカ ジョン・マクノートン] これは何を書いてもネタバレになりそうですが・・・ 誰もが怪しく見えて最後の最後のエンドクレジットまで目が離せません。 すっきりするサスペンスものが観たい時にはいいかも。 練り上げられた計画もそうだけど、最後までそれを魅せる脚本がすごい。 気づかなかった伏線がありそうで、もう一度確かめたくなる。 ネーヴ・キャンベルがよいです。 ビル・マーレイはいい味出しすぎ。                    ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:30
イブラヒムおじさんとコーランの花たち(2003)
イブラヒムおじさんとコーランの花たち [2003 フランス フランソワ・デュペイロン] イブラヒムおじさんとモモ少年の宗教や世代を越えた友情。 家族の愛情を知らずに育った13歳の少年モモが、 おじさんとのふれあいによって人生の楽しさを知り成長していく姿が微笑ましい。 笑わなかったモモのはにかんだ笑顔がかわいい。 色づかいや音楽は好み。 宗教・信仰・文化をテーマにした「目に見えないものの三部作」。 その第二部にあたる。                         ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:27
サイドウェイ(2004)
サイドウェイ [2004 アメリカ・ハンガリー アレクサンダー・ペイン] この全体的な「まったり感」がすき。 ワインに関しては全く無知だけど、あんな風に人生に重ねて ワインを味わえたら素敵だろうなと思い、お酒を買って帰った。 そんな衝動にかられたのは久しぶりだ。                    ★★★★☆(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:26
ネバーランド(2004)
ネバーランド [2004 アメリカ・イギリス マーク・フォスター] 「ピーターパン」のお話はいままでにどれだけの人たちに夢を与えただろうか。 ピーターパンが生まれる過程にこんなネバーランドがあったとは。 子どもたちがキラキラしてた。                           ★★★☆(2005.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:25
オペラ座の怪人(2004)
オペラ座の怪人 [2004 アメリカ・イギリス ジョエル・シューマカー] 舞台の映画化だけど、映画ならではのよさが発揮されてて迫力があった。 オペラ座の観客になったような臨場感!                        ★★★☆(2005.2) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:24
Ray/レイ(2004)
Ray/レイ [2004 アメリカ テイラー・ハックフォード] ソウル・ミュージック界の重鎮、レイ・チャールズの壮絶な半生を描いた作品。 レイ役を熱演したジェイミー・フォックスのステージに鳥肌の連続。 レイ本人を観ているような錯覚にしばしば陥ってしまう。                    ★★★★☆(2005.2) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:22
きみに読む物語(2004)
きみに読む物語 [2004 アメリカ ニック・カサヴェテス] 「THE NOTEBOOK」という原題がすごく好き。 途中から「それからどうなったの」と身を乗り出している自分がいた。 一途に人を愛すことの尊さを教わった。                        ★★★★(2005.2) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:21
北の零年(2004)
北の零年 [2004 日本 行定勲] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:14
青い車(2004)
青い車 [2004 日本 奥原浩志] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:13
ハウルの動く城(2004)
ハウルの動く城 [2004 日本 宮崎駿] ファンタジックで愛にあふれてて癒されたけど、 テーマが難しくて、あまり理解できなかった。 もう一度観てみたいな。 カルシファーには、またしてもハマりました。              ★★★(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:12
エイプリルの七面鳥(2003)
エイプリルの七面鳥 [2003 アメリカ ピーター・ヘッジズ] アメリカにおいて「感謝祭」という文化がどれだけ重要なものなのか 実感できず、作品を味わい切れないのが残念だ。 でも、愛すべきエイプリルの頑張りに満点をあげたい。                   ★★★★☆(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:11
コニー&カーラ(2004)
コニー&カーラ [2004 アメリカ マイケル・レンベック] 観終わった後、爽快な気分になった。 ハラハラドキドキしながらも、 ミュージカルの名曲を存分に味わえて大満足。             ★★★★☆(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:10
ロング・エンゲージメント(2004)
ロング・エンゲージメント [2004 フランス ジャン=ピエール・ジュネ] 愛は奇跡を起こせるのか。 マチルドのたくましい精神力と行動力に引き付けられた。 見覚えのある人たちが、ところどころに現れるのもうれしい。                    ★★★☆(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:08
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(2004)
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 [2004 アメリカ ビーバン・キドロン] 確かにブリジットのドジっぷりが日記のように綴られていたし、 いっぱい笑ったけど、なんだか物足りなさが残る。 「続編」ってことで期待しすぎていたのかも。                ★★★(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:07
エターナル・サンシャイン(2004)
エターナル・サンシャイン [2004 アメリカ ミシェル・ゴンドリー] 主演の二人のキャスティングにまいりました。 ジム・キャリーもケイト・ウィンスレットも今までにないタイプの キャラだったので、ものすごく新鮮でした。素敵なラブストーリー。 一度でも恋愛を経験したことがある人なら共感できるのでは。 SFっぽい設定なのにアナログな感じが好き。                     ★★★★☆(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:05
ドット・ジ・アイ(2003)
dot the i ドット・ジ・アイ [2003 イギリス・スペイン マシュー・パークヒル] 旅先でふらっと寄ったレイトショー。 何の予備知識もなかったのがよかったらしい。 よくある三角関係かと思いきや、、、 背後に感じる気配がかなり怖い。  DVDのパッケージも読まずにとにかく観てほしい。             ★★★★☆(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/10 11:04
パッチギ!(2004)
パッチギ! [2004 日本 井筒和幸] 舞台となっている京都で観たので余計切なかった。 イムジン河が頭から離れない。 民族間の歴史について、わたしは知らないことが多すぎる。 こういう作品はどんどん作ってほしい。                   ★★★★☆(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:03
アビエイター(2004)
アビエイター [2004 アメリカ マーティン・スコセッシ] 製作者たちの熱意をすごく感じた。 映画と飛行機にこんなにも人生をかけた人がいたとは。 ハワード・ヒューズの内面の表現に重点が置かれていたのがよかった。                         ★★★☆(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:02
コーラス(2004)
コーラス [2004 フランス クリストフ・バラティエ] 久しぶりに、笑って泣ける良質な映画を観た。 さまざまな事情を抱え心を閉ざす少年たちが、 マチュー先生の愛情と歌にふれて成長していく姿がほほえましい。 天使のソプラノをもっとずっと聞いていたいと思い、 エンドロールの後もなかなか立ち上がれなかった。                 ★★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:01
海を飛ぶ夢(2004)
海を飛ぶ夢 [2004 スペイン アレハンドロ・アメナーバル] 普段考えないことをたくさん考えさせられる、いいきっかけになった。 首から上だけで、知的でユーモラスなラモンを 演じきったハビエル・バルデムに脱帽。 ラモンの想像力は果てしなく、窓から眺める景色は、 色彩豊かで、どこまでも飛んでいけそうな気がした。                   ★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:59
真夜中の弥次さん喜多さん(2005)
真夜中の弥次さん喜多さん [2005 日本 宮籐官九郎] 弥次さんの江戸っ子口調と喜多さんの艶っぽさがよい。 細かいところまで凝ってて、ばかばかしいと思いながらかなり笑わせてもらった。 脚本のトリップ感はさすが。今後に期待!                         ★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:58
Shall We Dance? (2004)
Shall We Dance? [2004 アメリカ ピーター・チェルソム] 親しみのある映画のリメイクと聞いて楽しみにしていた。 「こんな話だったっけ?」と思い、すぐにオリジナル版を観なおした。 全体的なストーリーは同じだが、 すっかりアメリカテイストに仕上がっていて驚いた。 文化の違いを楽しむという点では、おもしろい作品だ。                    ★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:57
フレンチなしあわせのみつけ方(2004)
フレンチなしあわせのみつけ方 [2004 フランス イヴァン・アタル] それぞれのカップルの幸福感の違いがよく描かれている。 特に、アヌーク・エーメとクロード・ベリの 熟練された雰囲気はとても興味深い。 シャルロットとイヴァンの実の息子・ベンもいい味出してます。                     ★★★☆(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:55
コーヒー&シガレッツ (2003)
コーヒー&シガレッツ [2003 アメリカ ジム・ジャームッシュ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:54
さよなら、さよならハリウッド(2002)
さよなら、さよならハリウッド [2002 アメリカ ウディ・アレン] 期待通りのウディ映画! 相変わらずの皮肉や自虐っぷりも健在。 初めて彼の作品を観る人にはついていけない感があると思うので、 過去の作品を何本か観てからだと、より楽しめるはず。                     ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:51
ライフ・アクアティック(2004)
ライフ・アクアティック [2004 アメリカ ウェス・アンダーソン] ポップな映像と音楽センスがとにかく好み。 個性豊かな仲間たち(チーム・ズィスー)が繰り広げる海洋冒険ファンタジー。 なんておバカな人たちなんだろうとクスクス笑いが止まらない。 私もチーム・ズィスーに入りたい!                         ★★★★☆(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/10 10:50
ベルリン、僕らの革命(2004)
ベルリン、僕らの革命 [2004 ドイツ・オーストリア ハンス・ワインガルトナー] 若さゆえにできること。 そんな甘酸っぱい記憶がよみがえった。             ★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:49
ウィスキー (2004)
ウィスキー [2004 ウルグアイ/アルゼンチン/ドイツ/スペイン フアン・パブロ・レベージャ/パブロ・ストール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:48
カナリア(2004)
カナリア [2004 日本 塩田明彦] あれから10年。12歳の少年は成人し、8歳だった少女は18歳。 消せない過去を抱いた彼らはどんな大人になるのだろう。 信頼できる大人(西島くん)に出会えて本当に良かった。 谷村美月ちゃんの体当たりの演技が光っていた。 今後の活躍に期待したい。                   ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:46
恋は五・七・五!(2004)
恋は五・七・五!全国高校生俳句甲子園大会 [2004 日本 荻上直子] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:45
ひとまず走れ!(2001)
ひとまず走れ! [2001 韓国 チョ・ウィソク] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:43
[File.139]大統領の理髪師(2004)
大統領の理髪師 [2004 韓国 イム・チャンサン] シリアスなテーマなはずなのに、わかっているんだけど なんだか間抜けで笑ってしまう。 ソン・ガンホもイ・ジェウンも普通っぽさがよかった。                 ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:41
[File.138]英語完全征服(2003)
英語完全征服 [2003 韓国 キム・ソンス] キャンディーはかなりキュート。大好きなキャラ。 メガネも服装もいちいち凝ってましたね。 英語に苦しむのは同じなんだなーと、妙な親近感がわいた。 キャシー先生の変な韓国語もわかれば、もっと楽しめただろうな。                        ★★★☆(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:40
[File.137]キャロルの初恋 (2002)
キャロルの初恋 [2002 スペイン イマノル・ウリベ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:39
[File.136]四日間の奇蹟(2005)
四日間の奇蹟 [2005 日本 佐々部清] <ネタバレ含む> ファンタジック・ラブストーリーとは、まさにこのこと。 邦画で、行ってみたいなと思う風景に出会ったのは久しぶりだ。 原作は山が舞台だそうですが、あえて海にしたところに 監督の原作への熱い想いを感じた。 千織役の少女は本当にすばらしかった。 大人の女性風なしゃべり方も違和感を感じなかった。 おとぎばなしのようだけど、 人間の心がしっかりと描かれていて見ごたえがあった。                      ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:37
[File.135]隣人13号(2004)
隣人13号 [2004 日本 井上靖雄] <ネタバレ含む> これは一人では観れそうにない。試写会でよかった。 13号が夢に出てきそうだ。 小学校の校門にあった“キレそうな 自分の心に 深呼吸” という標語にスポットを当てるならば、十三と13号の心の葛藤を もう少し掘り下げて欲しかった。 ショッキングなシーンが多いから、しかたないかもしれないが R-15はちょっともったいない気がした。                       ★★★☆(2005.5) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:36
[File.134]荒野の七人(1960)
荒野の七人 [1960 アメリカ ジョン・スタージェス] 「七人の侍」と連チャンで観たらおもしろかった。 オリジナルの圧勝だけど、 これはこれでエンターテイメントとして十分に楽しめた。 特にキャラ設定は全く同じじゃつまらないだろうと思っていたから、 新キャラや混合キャラとかがあって、おもしろかった。                    ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:34
[File.133]七人の侍(1954)
七人の侍 [1954 日本 黒澤明] 死ぬまでには観ておきたい一本だったけど、 時代劇はあまり得意ではないのでなかなか一歩がふみだせなかったが、 今回の「荒野の七人」リバイバル上映のおかげでようやく観ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:33
[File.132]最後の恋のはじめ方(2005)
最後の恋のはじめ方 [2005 アメリカ アンディ・テナント] 肩の力を抜いて楽しめるラブコメです。 笑って、共感して、同情して、後悔して、突っ走って、、、 映画そのものが、恋愛講座のよう。 恋にちょっぴり臆病になっている方にオススメ。                ★★★☆(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:31
[File.131]大脱走(1963)
大脱走 [1963 アメリカ ジョン・スタージェス] この作品をまさかスクリーンで観ることができるとは! 軽快なマーチにのせた、飽きのこない構成で3時間があっという間でした。 40年経っても全く色褪せてない。 むしろ役者のはつらつとした感じがとても新鮮。                ★★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:29
[File.130]バッド・エデュケーション(2004)
バッド・エデュケーション [2004 スペイン ペドロ・アルモドバル] なんと表現したらよいのでしょうか。 この胸が張り裂けそうな感じを。 濃厚な内容はもちろん、洗練された構成と映像美に すっかりハマってしまいました。 とにかく細部にいたるまで、監督の「パッション」があふれてます。                      ★★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:28
[File.129]ザ・インタープリター(2005)
ザ・インタープリター [2005 アメリカ シドニー・ポラック] 迫真の演技に魅了されました。 ニコール・キッドマンとショーン・ペンの心の変化は絶妙でした。                      ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:27
[File.128]ウエスト・サイド物語(1961)
ウエスト・サイド物語 [1961 アメリカ ロバート・ワイズ] ニュープリントにて念願の劇場鑑賞。 男性のしなやかなダンスは素敵すぎです。          ★★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:26
[File.127]ミリオンダラー・ベイビー(2005)
ミリオンダラー・ベイビー [2005 アメリカ クリント・イーストウッド] これは何も知らずに観たほうが思い切り楽しめると思う。 ヘビーな内容だけど、観終わった後は「レモンパイが食べたい」と 思ってしまうほど、不思議と気持ちが落ち着いた。 マギー、フランキー、スクラップの心が通じ合っていたからだろうか。 ヒラリー・スワンクはすごくかっこよかった。 全編にわたるモーガン・フリーマンのナレーションも実に効果的。                      ★★★★☆(200... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:24
[File.126]オープン・ウォーター(2005)
オープン・ウォーター [2003 アメリカ クリス・ケンティス] どこまでが演技でどこまでが素なのかわからないくらいリアル。 海の臨場感を味わいたいなら、大画面で観るべし。 前が見えない闇の中にいるような恐怖。               ★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:23
[File.125]逆境ナイン(2005)
逆境ナイン [2005 日本 羽住英一郎] いやなことはしばし忘れておバカな世界にひたるにはよいかも。 ありえない感じが徹底してて好き。 玉山くんの三枚目ぶり、はじけぶりはサイコー。                 ★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:22
[File.124]バーバー(2001)
バーバー [2001 アメリカ ジョエル・コーエン/イ−サン・コーエン] 床屋で働く無口な男エド・クレイン。 ある日を境に狂い始めた彼の人生を淡々と描き、 何事もなかったかのようにゆったりと進む。 エドが最後まで感情を表に出さないので、 観終わってからいろいろと考えさせられる。 全編モノクロだけど、今っぽいところに、監督のこだわりを感じます。 ビリー・ボブ・ソーントン、フランシス・マクドーマンドはモノクロが似合う。                          ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:19
[File.123]ピーター・セラーズの愛し方〜ライフ・イズ・コメディ!(2004)
ピーター・セラーズの愛し方〜ライフ・イズ・コメディ! [2004 アメリカ・イギリス スティーガン・ホプキンス] 天才喜劇俳優ピーター・セラーズの波乱の生涯。 劇中に出てくる「ピンク・パンサー」「博士の異常な愛情」「チャンス」など 本物同様のセットで撮影されているらしいので、ぜひ観てみたい。 この作品の理解がより深まるはず。 タイトルから楽しいものを想像しがちだけど、映画の中の愛すべきキャラと プライベートでのハチャメチャぶりのギャップに冒頭から面食らいます。 晩年の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:41
[File.122]ゴスフォード・パーク(2001)
ゴスフォード・パーク [2001 アメリカ ロバート・アルトマン] 貴族社会を支える付き人たちに光を当てた作品。 華やかさの裏側にある様々な人生を、 ミステリーをスパイスに描いた群像劇。 それにしても、登場人物が多すぎ。 しかも複雑に絡み合っているので、さらに混乱。                ★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:39
[File.121]ゲーム(1997)
ゲーム [1997 アメリカ デヴィッド・フィンチャー] セブンを観たらこれも観たくなった。 相変わらずクレジットが凝ってます。 どこまでが現実で、どこまでがCRSの仕業なのか わからないところがいい。 ゲームということを忘れて見入ってしまった。 もう一度観るときはどこまで許せるかという見方もできそう。                    ★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:38
[File.120]セブン(1995)
セブン [1995 アメリカ デヴィッド・フィンチャー] 公開から10年間、語り尽くされてきた作品。 騒がれすぎてて今まで観る機会がなかった。 というより、観た気になってたのかも。 映像世界と全編にわたる精神世界がすごい。 まず、クレジットに驚かされる。 練りに練られた脚本とブラッド・ピット、モーガン・フリーマンの演技。 流れるようなカメラワーク。 いまだに議論されているわけがわかります。 いろんなひとに影響を与えてきたんだろうな。            ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 21:35
[File.119]笑の大学(2004)
笑の大学 [2004 日本 星護] <ネタバレあり> 笑いを通して語る人情劇。 地味な中にも笑いが散りばめられてて好きです。 検閲官と座付作家。2人の会話や台本を書きなおす過程を見せることで、 笑いの重要性を説明していく。 笑ったことのない検閲官・向坂が作家・椿と接するうちに 喜劇に興味を示しはじめるところで、 なぜか自分がラーメンズに出会ったときのことを思い出してしまった。 知らずに生きてきたけど、よさを知ってしまったら、ない生活は考えられない。    ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:33
[File.118]恋に落ちる確率(2003)
恋に落ちる確率 [2003 デンマーク クリストファー・ボー] なかなか難解なラブストーリー。 運命の人との恋とひきかえに、すべてを失うとしたら。 小説?夢?現実?あるいは、、、 マリア・ボネヴィーが二役することで、さらに混乱させてくれます。 カンヌのカメラドール受賞作なだけあって、映像は文句なしにかっこよい。                            ★★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:32
[File.117]同じ月を見ている(2005)
同じ月を見ている [2005 日本 深作健太] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 21:30
[File.116]戦国自衛隊1549(2005)
戦国自衛隊1549 [2005 日本 手塚昌明] 日本映画としては破格の予算と陸上自衛隊の全面協力。 スケールが大きすぎるためか、細かい所が目についてしまう。 いまいち楽しめなかったのは歴史を知らないからでしょうか。 伊武雅刀と中尾明慶くんはいい味出してた。                    ★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:29
[File.115]姑獲鳥の夏(2005)
姑獲鳥(うぶめ)の夏 [2005 日本 実相寺昭雄] 京極堂シリーズ・ファン待望の映画化。 原作を読んでない私にはちょっと難しかった。 いまいち謎ときがスッキリしなかったなというのが正直な感想。 鑑賞後、いろんな人のレビューを読んでて、 自分は余計なことを考えすぎて核のストーリーが見えなくなってたことに気づく。 いつかもう一度観てみたい。 昭和の映像はとても好き。               ★★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:28
[File.114]12人の優しい日本人(1991)
12人の優しい日本人 [1991 日本 中原俊] 法廷劇の名作「十二人の怒れる男」がモチーフ。 三谷幸喜と東京サンシャインボーイズの舞台の映画化。 現在(2005年)、13年ぶりに舞台で上演されている。 公開当時、日本では考えられなかった陪審員制。 もしも日本にその制度があったらという設定。 殺人容疑の若く美しい女は有罪か無罪か。 12人の男女が意地やプライドをかけて真実を突きとめていく。 どちらを先に観てもよいと思うが、 「十二人の怒れる男」を知ってる方が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:26
[File.113]十二人の怒れる男(1954)
十二人の怒れる男 [1954 アメリカ シドニー・ルメット] 夏の暑い日、冷房のない部屋に陪審員に選ばれた12人の男が集う。 17歳少年の殺人事件の有罪無罪めぐり熱い討論を繰り広げる。 12人の細かい描写やスリリングな討論はもちろん、 一つひとつのカットが実にいい。 DVD特典の予告編だけでもうっとりしてしまう。 リメイク版の「12人の怒れる男/評決の行方」も観てみたい。                       ★★★★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:24
[File.112]ファースト・ワイフ・クラブ(1996)
ファースト・ワイフ・クラブ [1996 アメリカ ヒュー・ウィルソン] べット・ミドラー、ゴールディ・ホーン、ダイアン・キートンの3人の競演。 痛快な熟女パワー炸裂。 結婚のことで悩む3人がファースト・ワイフ・クラブを結成し 夫への復讐を企てる。 扱うテーマが離婚や不倫だし、カラッとしたコメディではないので ただただ笑いたいときにはあまりオススメできない。 ベテラン陣の中で若いサラ・ジェシカ・パーカーがいいスパイスになってます。 ダイアン・キートンの年の取り方... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:23
[File.111]親切なクムジャさん(2005)
親切なクムジャさん [2005 韓国 パク・チャヌク] 監督の色彩感覚には驚かされます。 オープニングタイトルから独特の世界観に入り込んでしまった。 「オールド・ボーイ」に比べると暴力的なシーンは少ないけれど、 クムジャさんの復讐心は救いがないので、精神的にはこっちのほうがずっしりくる。 ところどころコミカルなシーンを織り交ぜる見せ方はうまい。 イ・ヨンエがきれいすぎ、衣装や内装がかわいすぎ。 客層はみょうにおばさまたちが多かったんですが、 韓国ものってだけで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 21:22
[File.110]オールド・ボーイ(2003)
オールド・ボーイ [2003 韓国 パク・チャヌク] 残虐な映像が重いんじゃない。 復讐の理由と、そのために犠牲になったものを考えるとつらすぎる。 でも、映像センスは抜群なので、つい観入ってしまうのだ。 これを観ると「親切なクムジャさん」も観たくなる。                 ★★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:21
[File.109]マルホランド・ドライブ(2001)
マルホランド・ドライブ [2001 アメリカ デヴィッド・リンチ] 難解だけど、昔観た時よりも素直に観れた気がする。 観終わってからの謎解きがおもしろい。 まんまとブルーボックスの迷路に迷い込んでしまったようだ。                   ★★★★(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:20
[FIle.108]まぼろし(2001)
まぼろし [2001 フランス フランソワ・オゾン] もっと年をとってから、もう一度観てみたい作品。 マリーにとって25年連れ添ったジャンは、 当たり前のように隣にいて笑いかけてくれる存在だったんだろうな。 現実に引き戻されて行くマリーの描き方が秀逸。 シャーロット・ランプリングがますます好きになりました。                    ★★★★(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:19
[File.107]カーサ・エスペランサ〜赤ちゃんたちの家(2003)
カーサ・エスペランサ〜赤ちゃんたちの家 [2003 アメリカ・メキシコ ジョン・セイルズ] さまざまな心の傷を持つ6人のアメリカ人女性、 彼女たちは母親になること、子どもを持つことに希望を感じ南米へ。 異文化間の養子縁組制度の裏には、 生きるために子どもを手放さなければならなかった女性や 親を知らずに生きるストリート・チルドレンが。 6人の女性を追いながら、 先進国と開発途上国が抱える問題を浮き彫りにしていく。                      ★★★☆(2005... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:17
[File.106]鬼が来た!(2000)
鬼が来た! [2000 中国 チアン・ウェン] 戦争をするどい視点で見つめた作品。 香川照之の迫力の演技が頼もしい。 ユーモア・センスもたっぷりあるのであきない。            ★★★★(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:15
[File.105]彼女は最高(1996)
彼女は最高 [1996 アメリカ エドワード・バーンズ] タクシー運転手の兄と若くしてウォール街で成功した弟。 2人兄弟をとりまく女性関係を描く。 性格も考え方も対照的な2人のやりとりや親子関係もおもしろい。 キャメロン・ディアスをはじめ、出てくる女性たちがみな魅力的。 音楽がとてもよい。                          ★★☆(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:14
[File.104]トスカーナの休日(2003)
トスカーナの休日 [2003 アメリカ・イタリア オードリー・ウェルズ] あたたかい日差しの下で小説を読むように、穏やかな気分になれる作品。 景色や料理がおいしそう。イタリアに行きたくなります。 ダイアン・レインの魅力も全開。 フェリーニの映画を観てるともっと楽しめるかも。                ★★★★(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:13
[File.103]ハッシュ!(2001)
ハッシュ! [2001 日本 橋口亮輔] ゲイカップルと子どもが欲しい女の奇妙な三角関係。 彼らをとりまく平均的な考え方を持つ大人たちや 奇抜な行動をとる人たち、それぞれの恋愛観や家族観がぶつかり合う。 互いの存在を認め合うだけで、認めてくれる人がいるだけで こんなにやさしい笑顔になれるんだ。片岡礼子がいい。 日本映画だけどヨーロッパな香りが漂う。                     ★★★☆(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:06
[File.102]ゲート・トゥ・ヘヴン(2003)
ゲート・トゥ・ヘヴン [2003 ドイツ ファイト・ヘルマー] 国際空港で働くワケありな面々。 パイロットを夢見て不法入国したロシア人青年、 フライトアテンダントを目指す清掃係のインド人女性。 2人は偶然機内で出会い、恋に落ちる。 それぞれの複雑な事情が背景にあるけど、 遊び心が満載なのでワクワクしながら観れます。 無国籍な感じがいい。 監督の前作「ツバル」も無国籍ファンタジーと評判。 これも観たいがなかなかレンタル屋に置いてない。            ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:05
[File.101]キャスティング・ディレクター(1998)
キャスティング・ディレクター [1998 アメリカ アンソニー・ドレイザン] キャスティング・ディレクターとしての顔がほとんどわからなかったので、 何がなんだかさっぱり。中年男性は共感できるのかしら。 ショーン・ペン、ケヴィン・スペイシー、メグ・ライアン、ロビン・ライト・ペン などなど、豪華な顔ぶれだけに中途半端さがかえって目につく。 キャストに頼るのはよくないってことかな。                       ★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:03
[File.100]セレンディピティ〜恋人たちのニューヨーク(2001)
セレンディピティ〜恋人たちのニューヨーク [2001 アメリカ ピーター・チェルソム] 今の時期にぴったりのクリスマスな作品。 ジョン・キューザックはやっぱりいいね。 ケイト・ベッキンセールも知的でキュート。 サラとジョナサンは黒い手袋に同時に手を伸ばした 「幸せな偶然=セレンディピティ」に運命的なものを感じる。 そのときお互いにパートナーがいた二人は 古本と5ドル札のサインに運命を託して別れる。 再会はできるだろうと思っても、二人のすれ違いが観ていてもどかし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:01
[File.099]イン・アメリカ/三つの小さな願いごと(2002)
イン・アメリカ/三つの小さな願いごと [2002 アイルランド・イギリス ジム・シェリダン] ジム・シェリダン監督の半自伝的作品。脚本には二人の娘も参加。 幼い息子を失った悲しみをひきずるジョニ−とサラのアイルランド人夫婦は 二人の娘とともに、希望を胸にニューヨークへ移住する。 ボロアパートからはじまった新生活と、 一家に降りかかる厳しい現実を娘・クリスティの目を通して描く。 二人姉妹の姉クリスティと妹アリエルの自然体の演技が実にいい。 実の姉妹ならではで、呼吸... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:00
[File.098]珈琲時光(2003)
珈琲時光 [2003 日本 侯 孝賢(ホウ・シャオシェン)] 小津安二郎監督生誕100周年記念。 電車と喫茶店、家族やともだち、結婚や出産など、 東京の日常をやわらかな眼差しでみつめる。 フリーライターの陽子(一青窈)と古本屋店主の肇(浅野忠信)、 二人の会話が楽しい。沈黙もまたよし。 一青窈は独特の存在感で、絵になります。 浅野忠信とのバランスもよい。浅野さんがうまいのかな。 フレームの外を映し出すのがうまいなと思った。 駅や街を歩く人たちは素なのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:58
[File.097]アイデンティティー(2003)
アイデンティティー [2003 アメリカ ジェームズ・マンゴールド] サスペンスとホラーの要素もあり、評判に違わずおもしろかった。 これから観る人は予備知識なしに観るのがよい。 豪雨の夜にモーテルで出会った10人。 それぞれが何か問題を抱えているようだ。 やがて起こった殺人事件にお互い疑いはじめる。 誰がなぜ殺したのかわからないまま最後まで緊張感が続く。                     ★★★★(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:57
[File.096]地球で最後のふたり(2003)
地球で最後のふたり [2003 タイ・日本・オランダ・フランス・シンガポール ペンエーグ・ラッタナルアーン] 無機質な空間に奇妙なまでに整えられた衣類。 折り目正しい長袖シャツを着こなす男がひとり。 バンコクの日本文化交流センターの図書室で働くケンジは極度の潔癖症。 どうやら自殺願望があるらしい。 偶然出会ったタイ人女性・ノイとのカタコトの会話や 静と動の動きが対照的で楽しい。 洗練された映像にコネタをはさむ感覚が好き。 ストリー性がないようで、たぶん深いのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:55
[File.095]SMOKE(1995)
SMOKE スモーク [1995 アメリカ・日本 ウェイン・ワン] 原作のポール・オースター著「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を 読んで以来、この話にほれ込んでしまった。 煙草屋店主オーギーのエピソードだけでもひとつの作品になりそうだけど、 なじみ客との交流がさらにストーリーを盛り上げる。 会話だけで十分にイメージが浮かぶのに、モノクロ映像の粋な演出も。 原作同様、シンプルなのに味わい深い。 こういうの好きですね。ツボです。 続編「ブルー・イン・ザ・フェイス」も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:54
[File.094]五線譜のラブレター(2004)
五線譜のラブレター [2004 アメリカ アーウィン・ウィンクラー] 作曲家コール・ポーターの半生をミュージカル仕立てで描く。 ゲイの男性が一人の女性を愛しぬく姿が印象的。 生涯、夫を支え抜いた夫人リンダ。 優しく、賢く、気品あふれる女性が アシュレイ・ジャッドとは気づかなかった。 30曲以上にも及ぶ名曲を 有名アーチストが歌いこなすのもみどころ。 エルビス・コステロ、シェリル・クロウ、アラニス・モリセットなど どこにでてくるかはお楽しみ。 とにかく全編... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:52
[File.093]小説家を見つけたら(2000)
小説家を見つけたら [2000 アメリカ ガス・ヴァン・サント] ガス・ヴァン・サント監督作品に共通する真実を見つめようとする視線が好きだ。 16歳の黒人少年ジャマールと謎の老人ウィリアムの世代を超えた友情。 ありきたりな設定と思うかもしれないが、テーマである文学のように奥深い。 また、物書きを目指す人にとっては具体的なガイドにもなってるし、 夢を持つ人にとっては何かしら勇気を与えてくれるものになるだろう。 同時に才能があっても一歩間違えれば、破滅に転じてしまう危うさも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:51
[File.092]11'09"01/セプテンバー11(2002)
11'09"01/セプテンバー11 [2002 フランス] 各国を代表する11人の監督が「11分9秒1フレーム」に思いを込めた作品集。 さまざまな視点で描かれているのが興味深い。 日本からは今村昌平監督が参加。 特にクロード・ルルーシュとケン・ローチ作品が印象的だった。                         ★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:49
[File.091]トゥー・ウィークス・ノーティス(2002)
トゥー・ウィークス・ノーティス [2002 アメリカ マーク・ローレンス] ヒュー・グラント好きなのでかなりひいきめです。 こういうダメ男をやらせたら彼の右に出るものいないです。 彼に負けずにサンドラ・ブロックもよい。 彼女のシリアスな映画は観たことないから比べようがないんだけど、 こういう役がホントに似合う。 二人の相性がよいので、安心して観られます。 観終わってみると、お母さんの”目ぢから”が一番印象的でした。 そして気になるのはタイトルです。原題のままにしたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:46
[File.090]あなたにも書ける恋愛小説(2003)
あなたにも書ける恋愛小説 [2003 アメリカ ロブ・ライナー] 邦題が上手い!原題のままだったらおそらく観なかっただろう。 タイピストのエマ(ケイト・ハドソン)と小説家のアレックス(ルーク・ウィルソン)、 二人のやりとりとリンクする小説がおもしろい。 完成する前に映画の結末が読めてしまうのだけど、 先がわかっていても恋愛モードになりたくて、 つい恋愛小説を手にとってしまうものなののかも。                    ★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 20:45
[File.089]ホテル ビーナス(2004)
ホテル ビーナス [2004 アメリカ タカハタ秀太] バラエティ番組「チョナン・カン」から生まれた作品だったんですね。 何も知らずに観てしまいました。 映像と音楽がマッチしていていい感じです。 切なくもこころ温まる物語は疲れを癒してくれました。                    ★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:44
[File.088]めぐりあう時間たち(2002)
めぐりあう時間たち [2002 アメリカ スティーヴン・ダルドリー] なかなかヘヴィでずしっとくる映画。 賛美両論あるみたいですがわたしは好き。 「ダロウェイ夫人」を知っていたらもっと話に入り込めたのかな。 時間軸を越えて3人の女性の生き方を描いたのが実によい。 一日の出来事とは思えない濃さ。                     ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:43
[File.087]ナック(1965)
ナック [1965 イギリス リチャード・レスター] 「THE KNACK」タイトル通り、女の子を引っ掛けるコツがテーマ。 音楽は文句なしだが、ストーリーが中途半端。 でも、オープニングの美女たちの行列からもう目が離せない。 いろんな人がちょこちょこ登場するのもうれしい。 こういうのは正当に評価できない。偏愛してしまうタイプの作品。 10年前に観ても、10年後に観ても多分好きです。 しかし、オススメできるかと言われたら、できないかも。 教えたくない気持ちも半分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:42
[File.086]ディナー・ラッシュ(2001)
ディナー・ラッシュ [2001 アメリカ ボブ・ジラルディ] ニューヨークに実在する人気レストランを舞台に繰り広げる人間模様。 厨房シーンがエキサイティングで、それだけでも十分に楽しめる。 いい具合に食欲を刺激してくれます。                       ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:40
[File.085]天才マックスの世界(1998)
天才マックスの世界 [1998 アメリカ ウェス・アンダーソン] 監督の世界=マックスなのかしら。 日本では未公開だけど、これが監督の出世作となりました。 この頃から完成度高し。 万人受けはしないと思うけど、おバカなセンスは大好き。                     ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:39
[File.084]JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ(2001)
JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ [2001 ドイツ ジュリアン・ベネディクト] ジャズのレコードジャケットを手がけたカメラマン、 ウィリアム・クラクストンの半生を追ったドキュメンタリー。 クラクストンの写真集とともに手元においておきたい一本。 写真から音楽がきこえてきそう。 有名なジャケット製作のエピソードが楽しい。              ★★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:38
[File.083]列車に乗った男(2002)
列車に乗った男 [2002 フランス・ドイツ・イギリス・スイス パトリス・ルコント] 正反対の二人の中年男が、互いの生き方に引かれあい 次第に心通わせていく。 主演の二人がなんともいえず渋い。 音楽、映像、ストーリー、テンポ、すべて好みです。                  ★★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:36
[File.082]CQ(2001)
CQ [2001 アメリカ ロマン・コッポラ] まさに映画バカのための映画。 劇中劇、DVD特典まで作りこんでます。 何度でも観たくなる作品。 ポールに扮するジェレミー・デイヴィスの演技は とても好感が持てる。              ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:35
[File.081]恋する遺伝子(2001)
恋する遺伝子 [2001 アメリカ トニー・ゴールドウィン] ばかばかしいけど、なかなかおもしろい理論でした。 ジェーン(アシュレイ・ジャッド)とリズ(マリサ・トメイ)のやりとりや、 ジェーンとエディ(ヒュー・ジャックマン)との掛け合いが楽しかった。                        ★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:34
[File.080]息子の部屋(2001)
息子の部屋 [2001 イタリア ナンニ・モレッティ] 悲劇は突然訪れる。 そのとき家族はどう受け止めていくか。 劇中にたくさんの道と、たくさんの扉が出てくる。 観るときの環境や精神状態によって、全く違う印象を受けるだろう。 子どもを持つ親の立場になったときに、また味わってみたい。                        ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:33
[File.079]月とキャベツ(1996)
月とキャベツ [1996 日本 篠原哲雄] テーマソングは大好きなので、ずっと気になっていたけど、 8年越しでようやく観れました。 公開当時、○○が主役の予定だったなどという噂をたくさん耳にしたので、 実はとても抵抗があった。 でも、観終わってから監督のインタビューを聞いて、 山崎まさよしと「One more time,one more chance」 との出会いが結果的に一番よい方向にいったんだなと納得できた。 今となっては、山崎まさよし以外の花火はありえない。 あの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:32
[File.078]アイデン&ティティ(2003)
アイデン&ティティ [2003 日本 田口トモロヲ] バンドブーム全盛期を体感してきた者としては、 こういう映画を待ってました。 主演の峯田くんがかなりいい味出してます。 ”売れる曲”と”歌いたい曲”の間で揺れる葛藤。 中島と岩本の対比。 アイデンティティについて、とてもわかりやすく表現している。 ストレートなメッセージがとても新鮮に響く。                   ★★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:30
[File.077]マーサの幸せレシピ(2001)
マーサの幸せレシピ [2001 ドイツ サンドラ・ネットルベック] フランス料理店で働く女性シェフ・マーサ。 優れた腕をもちながら、自ら食事を楽しむことをしない。 そんな彼女が姪のリナやイタリア人シェフのマリオと出会って、 少しずつ心を開いて行く。 笑顔が増えて、どんどんきれいになっていくマーサが魅力的。 マーサの人付き合いが苦手な性格が、いまいちわかりづらかった気がする。 そのへんの感情表現のとぼしさはわざとだったのかな。                     ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 20:28
[File.076]サイドウォーク・オブ・ニューヨーク(2001)
サイドウォーク・オブ・ニューヨーク [2001 アメリカ エドワード・バーンズ] ニューヨークに住む男女6人の恋愛模様を インタビューを織り交ぜながら描く。 発想としては好きだし、ニューヨークならでは。 特にビデオ屋のシーンは好きです。 ただインタビューショットが多いので最初は混乱してしまいました。                         ★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:27
[File.075]ドッグヴィル(2003)
ドッグヴィル [2003 デンマーク ラース・フォントリアー] 人間の暗部を見事にえぐりだした作品。 俯瞰の図や壁のないセットなどで閉鎖的な社会を効果的に表す。 3時間の9部構成、無駄のない演出は見事。 いやーな気分になるけど、また観たくなる作品。 苦手な人は全部観れないかもしれない。                     ★★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/06/09 20:25
[File.074]ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001)
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [2001 アメリカ ジョン・キャメロン・ミッチェル] ロック・ミュージカルの映画化なだけあって迫力あり。 ものすごく哲学的だけど、楽しくて哀しい。 タイトルを聞いただけでリアルに思い出します。 ”アングリーインチ”が何なのか、自分の目で確かめて欲しい。                     ★★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:24
[File.073]ジョゼと虎と魚たち(2003)
ジョゼと虎と魚たち [2003 日本 犬童一心] 池脇千鶴のための映画ですね。 ジョゼの関西弁がかわいすぎます。 サガンの作品を知っていたら、もっと深みを味わえたのかも。 強烈なシーンはいっぱいあるんだけど、 ジョゼと香苗が殴り合うシーンが一番印象的でした。                   ★★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:23
[File.072]トーク・トゥ・ハー(2002)
トーク・トゥ・ハー [2002 スペイン ペドロ・アルモドバル] アルモドバル監督はやっぱり好きです。 今回はとてもシンプルな(?)ラブストーリー。 昏睡状態に陥った二人の女性と 彼女たちを愛しつづける男性たち。 サイレント映画や舞台も効果的。          ★★★★★(2005.7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:21
[File.071]ノー・マンズ・ランド(2001)
ノー・マンズ・ランド [2001 フランス・イタリア・ベルギー・イギリス・スロヴェニア ダニス・タノヴィッチ] ボスニア紛争の最中、ノー・マンズ・ランドと呼ばれる ボスニアとセルビアの中間地帯に取り残された兵士たち。 戦争の虚しさ、ジャーナリストの愚かさ、国連の暗部などを ユーモアを交え絶妙に描き出す。 作り手のジャーナリズムがもろに伝わる作品。                   ★★★★☆(2005.7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:20
[File.070]海辺の家(2001)
海辺の家 [2001 アメリカ アーウィン・ウィンクラー] 余命3ヵ月。残された時間をどう生きるか。 家族で家を建てるってどんな感じなんだろう。 きっと素敵な連帯感が生まれるんだろうな。 息子を演じたヘイデンくんがよいです。             ★★★★(2005.7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:19
[File.069]白いカラス(2003)
白いカラス [2003 アメリカ ロバート・ベントン] 人種問題はあまり身近に感じたことはなかったけど、 これはすごくわかりやすく描かれている。 邦題にナットク! アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマンの演技にしびれます。                       ★★★★☆(2005.7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:17
[File.068]深呼吸の必要(2004)
深呼吸の必要 [2004 日本 篠原哲雄] いわくありげな5人の若者たちがサトウキビ畑へ。 多くは語られないが、自分を再確認して前に進んで行く。 それがなんだか心地良いのだ。                    ★★★☆(2005.7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:16
[File.067]男たちの大和/YAMATO(2005)
男たちの大和/YAMATO [2005 日本 佐藤純彌] 昭和20年4月6日、世界最大最強を誇りながら、 一億総特攻の先駆けとして出撃し、 3333名の乗組員とともに東シナ海に沈んだ戦艦大和の壮絶な運命。 「ただ愛する人を、家族を、祖国を守りたい」 その一心で命を散らした男たち。 その生き様と遺された者たちの永遠の無念が戦後60年の今、蘇る。 原作の「男たちの大和」は辺見じゅんが 大和の生存者や遺族に膨大な取材をして書き上げられたそうだ。 歴史を学ぶうえで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:14
[File.066]Jam Films 2(2003)
Jam Films 2 [2003 日本 小島淳二、高橋栄樹、井上秀徳、丹下紘希] PVやCM業界で活躍する映像クリエイター4人の30分一本勝負。 小島監督の「机上の空論」だけで観る価値あり。 小林賢太郎脚本を舞台でなくスクリーンで観ることができる幸せ。                           ★★★(2004.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:13
[File.065]Jam Films(2002)
Jam Films [2002 日本 北村龍平、篠原哲雄、飯田譲治、望月六郎、堤幸彦、行定勲、岩井俊二] 邦画のオムニバスはあまりない気がする。 いろんなタイプの作品があるから、 興味のある監督の作品を掘り下げるキッカケになる。 邦画が苦手な人も短編なのでオススメ。 私は堤監督目当てで観たけど、 篠原監督の「けん玉」と岩井監督の「ARITA」にはまりました。                           ★★★☆(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:12
[File.064]ヒューマン・ネイチュア(2001)
ヒューマン・ネイチュア [2001 フランス・アメリカ ミシェル・ゴンドリー] ただのコメディじゃない。 シュールなだけじゃない。 文明の発達と自然保護、 その間に生じるひずみをしっかり描き出してる。 リス・エヴァンスはすっかりこの位置を独占してますね。                 ★★★☆(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:09
[File.063]ブルース・ブラザース(1980)
ブルース・ブラザース [1980 アメリカ ジョン・ランディス] サントラだけずーっと聴いてたんだけど、ようやく観れました。 二人が出てくるだけで楽しい。 25年前の作品とは思えない新鮮さ。 やりすぎなカーチェイスもいい。 そして、なんといっても音楽がすばらしい。 ジェームズ・ブラウン、アレサ・フランクリン、レイ・チャールズなど、 一流アーチストも贅沢に登場。 「ブルース・ブラザース2000」はまだ観てないけど、 今度は何をやらかしてくれるか楽しみ。   ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:11
[File.062]メメント(2000)
メメント [2000 アメリカ クリストファー・ノーラン] 今でこそ、こういう編集技は当たり前になったけど、 当時はかなり斬新なアイデアだったんだと思う。 予告編を観てずーっと観たいと思いつつ、 話題になりすぎて観る機会を失ってました。 <ネタバレ含む> 記憶障害の男が妻を殺した犯人を追う。 手がかりはポラロイドとタトゥー。 少しずつ謎が解けてくるにつれ、もうこんな毎日いやだ! となってしまうけど、それすら忘れてしまうなんて。 まさに出口なし。自分の過去の記憶す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:09
[File.061]デブラ・ウィンガーを探して(2002)
デブラ・ウィンガーを探して [2002 アメリカ ロザンナ・アークエット] 恋愛、結婚、子育てに悩む女優たちが本音をぶつける。 ロザンナ・アークエットの人脈の広さにまず驚く。 女優同士のプライベートな会話が聞けておもしろい。 デブラ・ウィンガーが現役女優に負けず、今なお美しい。                   ★★★☆(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:06
[File.060]チルソクの夏(2003)
チルソクの夏 [2003 日本 佐々部清] 「来年のチルソク(七夕)に再会しよう」 1977年の夏、下関を舞台に日韓の高校生の淡い恋を描く。 民族間の溝の深さと約束を貫く愛が痛々しい。 主演の水谷妃里の物憂げな表情がいい。                ★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:05
[File.059]幸せになるためのイタリア語講座(2000)
幸せになるためのイタリア語講座 [2000 デンマーク ロネ・シェルフィグ] デンマーク・都市近郊の町。 悩みを抱えた独身の男女6人が イタリア語講座を通して生きる希望を見出して行く。 なかなか濃いキャラがそろってておもしろい。 こんな自分でもいいんだ、となんだかほっとします。                ★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:04
[File.058]シティ・オブ・ゴッド(2002)
シティ・オブ・ゴッド [2002 ブラジル フェルナンド・メイレレス] ジャンルでいうと、一番苦手なタイプのバイオレンスものだけど、 映像、音楽は素晴らしい。 実話がもとになってるだけあって、 その衝撃は観終わってからずーんときます。                ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:03
[File.057]サイダーハウス・ルール(1999)
サイダーハウス・ルール [1999 アメリカ ラッセ・ハルストレム] ジョン・アービング原作、ラッセ・ハルストレム監督なので安心して観られます。 孤児院で生まれ育った青年ホーマーが自立・成長していく姿を描く。 ラーチ医師の思いやりや子どもたちの笑い声や笑顔、 キャンディ(シャーリーズ・セロン)の美しさも、 すべてがホーマー(トビー・マグワイア)の生きる糧に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:02
[File.056]隣人は静かに笑う(1998)
隣人は静かに笑う [1998 アメリカ マーク・ペリントン] サスペンス好きの方たちがおすすめしてくれたので観てみました。 気になる人は予備知識なしで観て欲しいです。私は構えすぎました。 好きか嫌いかは別として、テロリズムについて考えさせられる作品。 ★★★(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:59
[File.055]9か月(1995)
9か月 [1995 アメリカ クリス・コロンバス] 何不自由ない最高の同棲生活を送っているかに見えた 小児精神科医のサミュエル(ヒュー・グラント)とレベッカ(ジュリアン・ムーア)。 ある日突然、レベッカから妊娠を告げられる。 今までの快適な生活を奪われることへの恐怖にうろたえるサミュエル。 一方、レベッカはパートナーに妊娠を喜んでもらえないことに戸惑う。 出産臨月までの9か月間をコメディタッチで描く。 ヒュー・グラントのきのこカットはいただけないんだけど、 ダメ男ぶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:58
[File.054]ルールズ・オブ・アトラクション(2002)
ルールズ・オブ・アトラクション [2002 アメリカ・ドイツ ロジャー・エイヴァリー] 一度やってみたかった手法を全部やってみました、 という感じでしょうか。 映像センスはよいと思うんだけど、 とにかく「惜しい」と思ってしまった。 音楽のセンスは好き。ゲンズブールまで使ってしまうとは。                     ★★(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:57
[File.053]ビッグ・ダディ(1999)
ビッグ・ダディ [1999 アメリカ デニス・デューガン] 大人になりきれない青年ソニー(アダム・サンドラー)は 友人の子どもを突然預かることになる。 ソニーと大人を悩ます無垢な子どもジュリアン、 男二人の友情と成長記はほのぼのとさせてくれる。 地味だけど、スティーヴ・ブシェーミは存在感あり。                 ★★★☆(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 16:56
[File.052]素晴らしき哉、人生!(1946)
素晴らしき哉、人生! [1946 アメリカ フランク・キャプラ] 一人の存在はどれだけ他の人に影響を与えているか。 人はどれだけ多くの人に支えられて生きているか。 メッセージ性が強いので、苦手な人もいるかもしれないけど、 コミカルなシーンも織り交ぜているので、観やすいはず。 笑って、泣いて、爽快な気分になりました。 すごく昔の作品だし、モノクロなので敬遠してしまいがち (私はタイトルとジャケットからメロドラマだと思いこんでました・・・)だけど、 オープニング... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:54
[File.051] カンフーハッスル(2004)
カンフーハッスル [2004 中国・アメリカ チャウ・シンチー] カンフー好きもそうでない人も、何も考えずにありえなさを楽しみましょう。 いちおうストーリー性もあるみたいだけど、余計なことを考えてると せっかくの戦闘シーンを見逃してしまいます。 ★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:52
[File.050] プライドと偏見(2005)
プライドと偏見 [2005 イギリス ジョー・ライト] 原作は女流文学作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。 「ブリジット・ジョーンズの日記」のお手本にもなっているのは有名な話。 18世紀末、イギリスの田舎町。 女性に財産相続権がなかった時代、女性にとっては結婚が人生のすべてだった。 ベネット家の5人の娘たちは幸せな結婚を手にすることができるのか。 近所に資産家のビングリーが引っ越してくるところから物語は始まる。 素直に「愛してる」と認めるには高すぎる”男... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:50
[File.049] ロミー&ミッシェル(1997)
ロミー&ミッシェル [1997 アメリカ デヴィッド・マーキン] こういうゆるーい感じのコメディは生の英語で味わってみたいな。 LAで自由気ままに生きるロミー(ミラ・ソルヴィーノ)と ミッシェル(リサ・クードロウ)は幼なじみのルームメイト。 ある日、田舎で卒業10年目の高校の同窓会があることを知る。 かつて自分たちをいじめた同級生たちを見返そうと、 ある作戦を思いつき故郷に乗り込む。 皆と波長の合わない(わかってくれる仲間がいるだけで幸せだった)学生時代を 過... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:48
[File.048] THE 有頂天ホテル(2006)
THE 有頂天ホテル [2006 日本 三谷幸喜] 大晦日の夜、舞台は老舗ホテル。 ホテルの威信がかかったカウントダウンパーティーまであと2時間。 わけありの宿泊客と、それに振りまわされるくせのある従業員たち。 彼らに幸せな新年は訪れるのか。 それぞれのエピソードやハプニングが別々にあるんじゃなくて、 少しずつ絡み合って、影響をうけあって前に進んでいくのがいい。 大爆笑できるところはないけれど、くすくす笑ったり、じーんときたり、 観終わった後はちょっぴり元気と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:45
[File.047] 旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ(2005)
旅するジーンズと16歳の夏 トラベリング・パンツ [2005 アメリカ ケン・クワピス] リーナ、ブリジット、カルメン、ティビー。 生まれる前からずっと一緒だった4人の少女たちが、 初めて別々に過ごす16歳の夏。 4人をつなぐジーンズを心の支えに、 それぞれの悩みに真摯に向き合っていく。 リーナ・・・自分の殻を破りたい。 ブリジット・・・ママの死を乗り越えたい。 カルメン・・・パパにもっと愛されたい。 ティビー・・・生きることの意味を見つけたい。 16歳の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:40
[File.046] オリバー・ツイスト(2005)
オリバー・ツイスト [2005 アメリカ・チェコ・フランス・イタリア ロマン・ポランスキー] チャールズ・ディケンズの名作を映画化。 19世紀のイギリス。 天涯孤独の少年オリバーが幾多の苦難に遭いながらも、 その純粋な心を失うことなく生きていく物語。 9歳の少年オリバーは理不尽ないじめを逃れ、 ロンドンめざし7日間歩き続ける。 ようやく自分の居場所を見つけたかにみえたが、、、 どんなときでも絶望の中にひとすじの希望を見出していくオリバーだが、 本当の幸せを見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:37
[File.045] ミリオンズ(2004)
ミリオンズ [2004 イギリス・アメリカ ダニー・ボイル] 20XX年、ユーロ市場圏へ加入直前のイギリス。 もちろん架空の話。 焼却炉行きになるポンド紙幣と 出番を待つユーロ紙幣が国中を行き来している。 母モーリーンを失ったカニンガム一家は新しい家に越してきた。 10歳の兄アンソニーは実利主義者。 8歳の弟ダミアンは信心深く、聖人になることを夢見る。 ある日、ダミアンがダンボールの秘密基地で遊んでいると、 空からバッグが降ってきた。 中身はなんと22万ポンド。 1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:36
[File.044] タッチ・オブ・スパイス(2003)
タッチ・オブ・スパイス [2003 ギリシャ タソス・ブルメティス] ギリシャとトルコの間で翻弄された古都コンスタンチノーブル(イスタンブール) の歴史を背景に、故郷を追われたギリシャ人一家をめぐる物語。 監督自身の体験に基づいているとか。 主人公ファニス。 美しいコンスタンチノーブルで過ごした日々から、悲しい別れ、 青年になって再び訪れた故郷。 思い出を振り返る中で見えてくる大切なものたち。 人種や宗教、家族、家庭の味などなど。 特にスパイス店を営む... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:24
[File.043] ウォーク・ザ・ライン 君につづく道(2005)
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 [2005 アメリカ ジェームズ・マンゴールド] 1950年代、 数多くのミュージシャンに影響を与えた伝説の男・ジョニー・キャッシュ。 ジョニー・キャッシュ役のホアキン・フェニックス、 ジューン・カーター役のリーズ・ウィザースプーン。 ライブシーンは、すべて自分たちでパフォーマンスしている。 何よりも2人の声の相性の良さに驚く。 デュエット曲で2人がハモるところは実に心地良いのだ。 舞台裏で運命の出会いを果たしたジョニーとジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:23
[File.042] レディ・キラーズ(2004)
レディ・キラーズ [2004 アメリカ イーサン・コーエン/ジョエル・コーエン] 1955年「マダムと泥棒」のリメイク。 老婦人の前に現れた教授と4人の演奏仲間たち。 彼らの計画は完璧なはずだったが・・・ ブラック・ユーモア満載の犯罪劇。 トム・ハンクス扮する教授の胡散臭さがよかった。 ★★★(2006.2) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:21
[File.041] リチャード・ニクソン暗殺を企てた男(2004)
リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 [2004 アメリカ ニルス・ミュラー] 1970年代に実際に起こった大統領暗殺未遂事件が基に。 タイトルは派手だけど、物語は孤独でナイーブな男が 事件を企てるに至る過程を地味に描く。 製作陣、俳優陣の豪華さに期待は高まりますが、 タイトルほどのインパクトはない。 いや、タイトルは間違ってないな。 ★★★(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:20
[File.040] 刑務所の中(2002)
刑務所の中 [2002 日本 崔洋一] つぶやくように吐き出される主人公ハナワの心の声。 ゆるくて、渋い視点が好き。食事シーンが印象的。 男だけなのに男臭さがない。 原作の漫画はぜひ読んでみたいものだ。 ★★★★(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:19
[File.039] スケルトン・キー(2005)
スケルトン・キー [2005 アメリカ イアン・ソフトリー] ケイト・ハドソンはホラーもいけるのね。 劇場未公開はもったいなかったな。 ジャンルは一応ホラーだけど、これはミステリー色が強い。 呪いがテーマになってるから、グロテスクなものも出てこないし。 最後まで緊張感を持って楽しめます。 ★★★☆(2005.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:17
[File.038] サーティーン あの頃欲しかった愛のこと(2003)
サーティーン あの頃欲しかった愛のこと [2003 アメリカ・イギリス キャサリン・ハードウィック] 13歳の思春期の少女が持つ危うさと 変貌していく娘に戸惑うシングル・マザーの葛藤。 娘と母、お互いに愛の形をうまく伝えられず、 すれ違っていく様子がとてもリアルに描かれている。 ★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:16
[File.037] 殺人の追憶(2003)
殺人の追憶 [2003 韓国 ポン・ジュノ] 実際の連続殺人事件が基になっている。 事件を追う二人の刑事が、犯人に翻弄されていく。 シリアスな話をテンポの良さでひきつける。 集中しすぎて、効果音には何度も驚かされた。 ★★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:15
[File.036] SURVIVE STYLE 5+(2004)
SURVIVE STYLE 5+ [2004 日本 関口現] 「あなたの役割はなんですか」 シュールだけど、妙な説得力がある。 カラフルな色彩とスピード感だけじゃなく、 5つのエピソードをつなげてしまうのがすごい。 ★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:13
[File.035] g@me.(2003)
g@me. [2003 日本 井坂聡] みなさん役者ですね。 だましだまされ狂言誘拐=g@me. 思わず2回続けて観てしまった。 ★★★★(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:11
[File.034] ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003)
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル [2003 アメリカ アラン・パーカー] 死刑は有りか無しか。 観終わった後から、かなりずっしりくる作品。 ケビン・スペイシー、ローラ・リニー、ケイト・ウィンスレット 主演の3人がそれぞれに素晴らしい。 ★★★★(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:09
[File.033] ラヂオの時間(1997)
ラヂオの時間 [1997 日本 三谷幸喜] 製作現場の舞台裏、こういうの好きです。 ノンストップで進む生放送のラヂオドラマ。 緊張感たっぷりにその全貌を見せる。 一緒になってハラハラして、音づくりに感動して。 渡辺謙の役どころもよかった。 ラヂオ好きはもっとラヂオが好きになるだろう。 ★★★★(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:08
[File.032] 空中庭園(2005)
空中庭園 [2005 日本 豊田利晃] 家族の間に秘密を持たない。これが京橋家のルール。 朝から「決定現場」にまつわる強烈な会話が飛び交う。 しかし、なんでも包み隠さず話す裏では、 それぞれに家族に言えない秘密を抱えている。 家族について考える。 本当の幸せとはなにか。 現実と幻想(空想)が交錯し、 カメラワークのせいもあるけれど、 全編を通して浮遊感が漂う。 小物使いや色使いも美しく、 角田光代文学を彩る。 野猿の内装とランプシェー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:07
[File.031] ジャーヘッド(2005)
ジャーヘッド [2005 アメリカ サム・メンデス] ジャーヘッド=海兵隊員を表す隠語 原作は実際に湾岸戦争に参加した アメリカ人青年アンソニー・スオフォードの 「ジャーヘッド/アメリカ海兵隊員の告白」 主人公スオフォードは生きる道を求めて海兵隊に志願、 過酷な訓練を経て、湾岸戦争ではサウジアラビアへ。 砂漠では、ひたすらその日がくるのを待つ、待つ、待つ・・・。 そこに求めたものはあったのか。 若い兵隊をクローズアップすることで、 戦争の虚しさ、愚か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:05
[File.030] 普通の人々(1980)
普通の人々 [1980 アメリカ ロバート・レッドフォード] 平穏な生活を送っていた4人家族だったが、 突然の長男の事故死を契機に崩れていく。 残された家族の苦悩を繊細に映し出す。 とても過酷な事件が次々に起こるんだけど、 観終わった後はなぜだかすがすがしい気分になった。 ★★★★(2006.2) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:04
[File.029] ベルヴィル・ランデブー(2002)
ベルヴィル・ランデブー [2002 フランス・ベルギー・カナダ シルヴァン・ショメ] 日本のアニメにはないタイプの大人向けのアニメ。 ツール・ド・フランスを夢見る少年の話かと思えば、そうではないらしい。 最愛の孫シャンピオンを探しに、スーザ夫人と犬のブルーノが奮闘する。 そのほかにも三つ子など、個性豊かなキャラが登場する。 セリフがほとんどない代わりに、「音」が実に効果的に使われている。 ★★★★(2006.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 16:03
[File.028] マゴニア(2001)
マゴニア[2001 オランダ イネケ・スミツ] マゴニアとはヨーロッパに古くから伝わる架空の国。      それは天空に浮かぶ船の形をした救いの地。 父が息子に語るマゴニアの物語。 1、師の歌を奪った青年 2、砂漠の孤島に訪れた夫婦 3、恋人の迎えを待つ女 どれも美しく、そして切ない物語。 なかなか難解ですが、 大人のファンタジーを味わいたい時によいかも。 ★★★☆(2006.2) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 16:00
[File.027] ポセイドン・アドベンチャー(1972)
ポセイドン・アドベンチャー [1972 アメリカ ロナルド・ニーム] 今夏(2006年)、リメイクが公開されます。 カウントダウンパーティで賑わう豪華客船ポセイドン号を 突然、大津波が襲った。 生き残った人々が転覆する船内から脱出するまでの 人間ドラマは見ごたえ十分。 パニック映画が得意じゃない方も楽しめるはず。 ★★★★☆(2006.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 15:58
[File.026] メゾン・ド・ヒミコ(2005)
メゾン・ド・ヒミコ[2005 日本 犬童一心] 舞台はゲイのための老人ホーム「メゾン・ド・ヒミコ」 死期を悟ったゲイの父親(田中泯)とその若い恋人(オダギリジョー)、 自分と母を見捨てた父を長年許せずにいる娘(柴咲コウ)、 彼らを取り巻く人間関係をシリアスかつコミカルに描く。 家族愛、同志愛、友情、 さまざまな愛にあふれたラブストーリー。 互いに少しずつ心を開いて、分かり合おうとする過程が好き。 鑑賞後はすがすがしい気分。       ★★★★☆(200... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 15:55
[File.025] サマータイムマシン・ブルース(2005)
サマータイムマシン・ブルース[2005 日本 本広克行] 劇団・ヨーロッパ企画の舞台の映画化。 SFの研究などしたことがないSF研が タイムマシンでSFを体験してしまう。 昨日に行くってどういうこと? 昨日は奇妙な出来事が多かったと思ったら・・・ 伏線がつながって、納得できる瞬間が楽しい。 学生時代の一日ってこんなに楽しかったかなーと なんだか妙にしみじみしてしまった。 ★★★★☆(2006.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 15:53
[File.024] おわらない物語 アビバの場合(2005)
おわらない物語 アビバの場合[2005 アメリカ トッド・ソロンズ] アビバ ”AVIVA” 上から読んでも下から読んでも同じ。 原題は「回文」という意味。 それを踏まえてみると、さらに深みが増す。 肌の色や体型、年齢の違う8人の役者が 主人公アビバを演じる。 そう聞くだけで、きっと見る側が試される作品だろうと思った。 それが意外に気にならず、役者が変わっても アビバはアビバとして観れた。 というより、アビバの人間性にすっかり引き込まれてしまったようだ。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:58
[File.023] ハッカビーズ(2004)
ハッカビーズ [2004 アメリカ デヴィッド・O・ラッセル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:57
[File.022] シリアナ(2006)
シリアナ[2006 アメリカ スティーヴン・ギャガン] 「トラフィック」の脚本家スティーヴン・ギャガンが ノンフィクション「CIAはなにをしていた?」を基に映画化。 中東の石油利権をめぐる人々の欲望と陰謀を ドキュメンタリー・タッチで描く。 人と物語がかなり複雑に絡み合っているので、とても頭を使う。 私は予備知識なしで観てしまったので、 ついていくのに必死で重要なことを見落としてしまった気がする。 なので、これからご覧になる方は、 ある程度情報を得てから観るこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:56
[File.021] SPIRIT スピリット(2006)
SPIRIT スピリット[2006 香港・アメリカ ロニー・ユー] 実在した伝統の武術家・フォ・ユァンジア。 絶望の淵から這い上がり、真の強さを見出して行く。 戦いにおける精神を体を張って演じたジェット・リーは見事。 格闘技は苦手だが、 「自分との戦い」という見方をすれば 深い勝負としてみれるかもしれないと思った。 ★★★★(2006.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:54
[File.020] バス男(2004)
バス男[2004 アメリカ ジャレッド・ヘス] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:53
[File.019] バタフライ・エフェクト(2004)
バタフライ・エフェクト [2004 アメリカ エリック・ブレス] バタフライ・エフェクト: 一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起こる 愛する人を救うため、過去を書き換えたらどうなるか? すさまじい想像力と構成力で最後まで惹きつけられる。 ★★★★(2006.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:52
[File.018] プロデューサーズ(2005)
プロデューサーズ [2005 アメリカ スーザン・ストローマン] オリジナルは1968年の作品。 ブロードウェイでミュージカル上演され、今回再びの映画化。 かなり疲れてるときに観たけど、 130分幸せな気分を味わえた。 ストーリーがしっかりしているので、 ミュージカルが苦手な人もきっと楽しめるのでは。 ★★★★☆(2006.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:51
[File.017] イノセント・ボイス 12歳の戦場(2006)
イノセント・ボイス 12歳の戦場[2004 メキシコ ルイス・マンドーキ] よく比較される「ホテル・ルワンダ」は観てないので比べられないけど、 「シリアナ」を観たときと同じような衝撃を受けた。 12歳の子どもたちにとって、 生きるための選択肢が、その二つしかない世界。 実話を基にしてると知ったときは、 やりきれなさでいっぱいになった。 ★★★★(2006.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:49
[File.016] ブロークバック・マウンテン(2005)
ブロークバック・マウンテン[2005 アメリカ アン・リー] じわりじわりと、切なさが胸をしめつける。 そんなあと味の作品。 雄大なロケーションと美しい男たちが、 作品の深みを与えた。 ★★★★☆(2006.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:47
[File.015] 50回目のファーストキス(2004)
50回目のファーストキス [2004 アメリカ ピーター・シーガル] 「前日の記憶がない」 記憶障害をテーマにした作品は どうしてもシリアスになってしまいがちだけど、 ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーが ピュアでコミカルに演じたおかげで、 切なくも楽しいラブコメとして成功した。 ★★★☆(2006.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:46
[File.014] ランド・オブ・プレンティ(2004)
ランド・オブ・プレンティ [2004 アメリカ・ドイツ ヴィム・ヴェンダース] ヴェンダース監督にしては、わかりやすいと言われている作品。 9・11以降のアメリカの今を見つめた独特の視点が新鮮。 途中、ずっしりと考えさせられるけど、 最後はぽっとあたたかい気持ちになった。 映像と音楽はとても美しいので、 それだけでも見応え十分。 ★★★★(2006.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:44
[File.013] 約三十の嘘(2004)
約三十の嘘 [2004 日本 大谷健太郎] 男女6人の詐欺グループ。 三年ぶりに顔をあわせた彼らは、 最初から最後まで互いに腹の探り合い。 期待しすぎてしまったみたい。 なんだかとてももったいない気がした。 もしかして、二回目の方が楽しめるのかも。 ★★★☆(2006.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:43
[File.012] 猟人日記(2003)
猟人日記 [2003 イギリス・フランス デヴィッド・マッケンジー] 抑えたトーンのサスペンスとしては好みですが、 ユアン・マクレガーが脱ぎすぎです。 最後のほうは興ざめしてしまって、 物語に集中できなくなってしまった。 ★★☆(2006.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:42
[File.011] 緑玉紳士(2004)
緑玉紳士 [2004 日本 栗田やすお] たった一人で4年半かけて作り上げたというパペットアニメ。 オープニングロールからも、その意気込みが感じられる。 かなりシュールなので、子供向きではないかも。 私としては、最近大人向けのアニメが増えてうれしい。 ★★★(2006.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:39
[File.010] 恋の門(2004)
恋の門 [2004 日本 松尾スズキ] なんともぜいたくなキャスティング。 役者がみんなはじけてて、みょーに楽しそう。 何をおいてもネーミングセンスが抜群。 不条理な中にストレートなメッセージがちりばめられてて、 笑っていいのか、素直に受け止めていいのか、ときどき悩んでしまった。 松田龍平はますます気に入った。 ★★★☆(2006.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:36
[File.009] 運命じゃない人(2004)
運命じゃない人 [2004 日本 内田けんじ] おそらくこれからも何度も観てしまうだろう作品。 人を疑うことを知らないサラリーマンの宮田が、 思いがけない事件に巻き込まれていく一夜のお話。 ゆるいながらも、スリルがあり、 コミカルな映像感覚がなんとも言えず楽しい。 宮田を含む5人の男女。 悪い人と良い人、本当のところ、その心はどうなのかわからないけど、 みんな悪い人になりきれてないところがいい。 主人公の宮田のほんわかした雰囲気が 作品全体に漂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:33
[File.008] イヌゴエ(2005)
イヌゴエ [2005 日本 横井健司] これはただ感動を誘う犬の映画ではない。 臭気判定士の青年・芹澤直喜(山本浩司)とフレンチ・ブルドッグのペス(ブン太)、 においに敏感なもの同士が繰り広げる奇妙な共同生活。 しかもペスは関西弁のおっさん声だ。 ほのぼのした雰囲気と少々とげのある笑い。 絶妙な間とカメラアングルがよい。 直喜とペスのやりとりはずーっと観ていたくなる。 山本浩司の独特の風貌とペスのプロ根性あふれる演技、 ペス声担当の遠藤憲一、みなすばら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:31
[File.007] UDON(2006)
UDON [2006 日本 本広克行] まさしくうどんムービー。 食文化の奥深さをここまで掘り下げた日本映画は初めて観た。 ストーリー性を重視したい人には物足りなく感じたかもしれないけど、 ほとんどが実話なのでドキュメンタリーに近い感覚だと素直に楽しめる。 そうかと思えば、しっかりラブストーリーあり、家族、友情も描かれていて 思いがけず泣かされた。 登場するうどん屋さんはほとんどが実在する店らしく、 その自然な雰囲気とときどき垣間見える役者たちの素の部分がおもしろい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:28
[File.006] ラフ(2006)
ラフ [2006 日本 大谷健太郎] 率直な感想はあだち充のコミックを初見した気分。 一コマひとコマとセリフに引き込まれて気づいたら号泣してた。 つまり、良くも悪くも原作のコミックとは全くの別物になっていたということ。 ではなぜ?コミックを実写化した意義を考えてみた。 打ち水、プールの水しぶきのさわやかさ。 コミックではあそこまで出せない。 渡辺えり子、八嶋智人に救われたな。 ★★★(2006.8) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:06
[File.005] 村の写真集(2003)
村の写真集 [2003 日本 三原光尋] 徳島の山村で写真館を営む頑固な親父と、 父親に反発して東京に飛び出した見習いカメラマンの孝。 ダム建設のためなくなってしまう村の写真集を作ることになり、 村に呼び戻された孝。 父と息子は重い機材を抱えながら、山道を一軒一軒歩いてまわり 村人すべての家族写真を撮影していく。 5時の音楽、紅葉する山々、頑固な親父の背中、 父が切り取る生命力のある写真など 歩いて初めて見えてくるもの。 父と息子が分かり合う瞬間、 家族の絆な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/08 23:43
[File.004] 迷宮の女(2003)
迷宮の女 [2003 仏 ルネ・マンゾール] フランス、パリ。 不可解な連続殺人事件の容疑者となった女をめぐるミステリー。 彼女は7つの人格を持つ多重人格者。 物語はギリシャ神話に登場するダイダロスの迷宮がモチーフになっている。 サイコロ、迷宮、ミノタウロス、地下墓地、、、 それぞれのキーワードがつながり、徐々に事実が明らかになっていく。 結末を知った上で、もう一度観ても楽しめるだろう。 見逃している伏線がたくさんあるはず。 シルヴィー・テスチュの多重人格の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 23:40
[File.003] トニー滝谷(2004)
トニー滝谷 [2004 日本 市川準] 主演のイッセー尾形も宮沢りえもナレーターの西島秀俊も好きなので、 これは自分好みの作品に違いないと思っていた。 そして予想通り、何度も観たくなる一本になった。 地味ながら吸い寄せられる不思議な魅力がある。 幼い頃から孤独を孤独と思わずに生きてきたトニー滝谷。 ”ごく自然に服をまとう女性”と出会い、孤独な人生に光が差したかに見えたが・・・。 トニー滝谷が描く無機質な絵のように、淡々と流れる切なく哀しい愛の物語。 右から左に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/08 21:22
[File.002] そして、ひと粒のひかり(2004)
そして、ひと粒のひかり [2004 アメリカ・コロンビア ジョシュア・マーストン] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/08 21:21
[File.001] サヨナラCOLOR(2004)
サヨナラCOLOR [2004 日本 竹中直人] さよならから はじまることが たくさんあるんだよ 舞台は海を臨む病院。 偶然にも初恋のひと(原田知世)を治療することになった 冴えない独身医師(竹中直人)の一途な姿を描く。 病院が舞台なのに、全く暗さがない。 むしろ患者たちが陽気に歌を歌ったり、医者も濃いキャラで楽しい。 ところどころにミュージシャンたちが顔を出すのもうれしい。 青い空と海に負けないくらい原田知世がさわやか。 竹中直人もキュート。 と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 21:21

トップへ | みんなの「映画」ブログ

映画感想タイトル一覧


その1
その2
シネマと散歩と珈琲と 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる