アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画カ行」のブログ記事

みんなの「映画カ行」ブログ

タイトル 日 時
キトキト!(2006)
キトキト!(2006) キトキト! [2006 日本 吉田康弘] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 01:16
コックと泥棒、その妻と愛人(1989)
コックと泥棒、その妻と愛人(1989) コックと泥棒、その妻と愛人 [1989 英・仏 ピーター・グリナウェイ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/08 22:25
観察 永遠に君をみつめて(2007)
観察 永遠に君をみつめて(2007) 観察 永遠に君をみつめて [2007 日本 横井健司] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 02:20
恋するマドリ(2007)
恋するマドリ(2007) 恋するマドリ [2007 日本 大九明子] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/10 16:52
キンキーブーツ(2005)
キンキーブーツ(2005) キンキーブーツ [2005 米・英 ジュリアン・ジャロルド] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/28 20:00
かもめ食堂(2005)
かもめ食堂(2005) かもめ食堂 [2005 日本 荻上直子] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 13:55
銀のエンゼル(2004)
銀のエンゼル(2004) 銀のエンゼル [2004 日本 鈴井貴之] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 14:29
キッチン・ストーリー (2003)
キッチン・ストーリー (2003) キッチン・ストーリー [2003 ノルウェー・スウェーデン ベント・ハーメル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:48
靴に恋して(2004)
靴に恋して(2004) 靴に恋して [2004 スペイン ラモン・サラサール] 盗んだ靴をはく女 偏平足の女 スリッパをはく女 スニーカーをはく女 小さな靴をはく女 年代も環境も違う女性の様々な愛の形を描いた作品。とても切ないお話。 靴にまつわるエピソードを期待して観るとちょっとがっかりするかも。 色彩や音楽、シーンの切り替え方などは好きです。 ★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:44
この胸いっぱいの愛を(2005)
この胸いっぱいの愛を(2005) この胸いっぱいの愛を [2005 日本 塩田明彦] 「黄泉がえり」の監督と原作のコンビ再びですが、 続編ではないので、あまりそこを意識しないほうがよいです。 予備知識なしに観るとすなおに泣けたりもします。 少年ヒロがとてもよかったです。 クドカンのエピソードが個人的には一番好き。 もしも、ひとつだけやりなおせるとしたら、戻りたい過去はいつですか? うーん、いつでしょう? 学生時代に戻ってまじめに英語を勉強したいな。 ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:37
家族のかたち(2002)
家族のかたち(2002) 家族のかたち [2002 イギリス シェーン・メドウス] シャーリーは娘のマーリーンと恋人のデックと幸せな日々を送っていたが、 ある日突然、元夫のジミーが戻ってきた。 やさしいがちょっと気弱なデックとかっこいいが自分勝手なジミー、 2人の間で揺れるシャーリーはどんな決断をくだすのか。 セリフのせいか、すごくイギリスっぽいなと感じる映画。 親友キャロルとの家族ぐるみの付き合いは微笑ましい。 形式にこだわらない家族のあり方についても考えさせられる。 ★★★(200... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:30
007 カジノロワイヤル (1967)
007 カジノロワイヤル [1967 イギリス ジョン・ヒューストン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:15
ギルバート・グレイプ (1993)
ギルバート・グレイプ [1993 アメリカ ラッセ・ハルストレム] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:01
KIDS/キッズ (1995)
KIDS/キッズ [1995 アメリカ ラリー・クラーク] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:28
子供は何でも知っている。 (1985)
子供は何でも知っている。 [1985 イタリア ピーター・デル・モンテ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:18
暗い日曜日(1999)
暗い日曜日 [1999 ドイツ・ハンガリー ロルフ・シューベル] 1930年代、シャンソンの名曲「暗い日曜日」を聞いて自殺する人が続出し、 各国で発禁処分になったそうです。どこまでが事実かはわからないけど、 この曲をモチーフに作られた作品。 第二次大戦前夜のブダペスト。レストランオーナーのラズロと若く美しいイロナ、 そこでピアノを弾くアンドラージュは奇妙な三角関係を続けるが、 名曲の誕生とナチスの台頭によって翻弄されていく。 この曲に思い入れはないけれど、やりき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:03
亀は意外と速く泳ぐ (2005)
亀は意外と速く泳ぐ (2005 日本 三木聡) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:02
ガラスの墓標 (1969)
ガラスの墓標 [1969 フランス・イタリア・西ドイツ  ピエール・コラルニック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:25
唇からナイフ (1966)
唇からナイフ [1966 イギリス ジョセフ・ロージー] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:37
勝手にしやがれ (1959)
勝手にしやがれ [1959 フランス ジャン=リュック・ゴダール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:30
気狂いピエロ (1965)
気狂いピエロ [1965 フランス・イタリア ジャン=リュック・ゴダール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:28
恋のマノン (1967)
恋のマノン [1967 フランス ジャン・オーレル] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:24
カレンダー・ガールズ(2003)
カレンダー・ガールズ [2003 アメリカ ナイジェル・コール] ほのぼのと心温まる作品。 中年女性がヌードカレンダーを作るってことで、正直躊躇したけど、 みんなチャーミングで、ストーリーもしっかりしてておもしろい。 これが実話だというのだから、さらに驚きです。 ★★★★(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:14
ザ・コンテンダー(2000)
ザ・コンテンダー [2000 アメリカ ロッド・ルーリー] 社会派ドラマは勉強になります。 アメリカの政界は社会の縮図のようで、観ていておどろくことばかり。 ゲイリー・オールドマンの見事な変身にもビックリ。 しばらく誰かわからなかった。 FBI役のキャサリン・モリスはかわいかった。                ★★★☆(2005.10.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:11
皇帝ペンギン(2005)
皇帝ペンギン [2005 フランス リュック・ジャケ] 大自然にまさるものはない。 種の保存という究極のテーマをペンギンたちを通して教わった。 生きていくことって、それだけですばらしい。              ★★★★☆(2005.8) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:37
きみに読む物語(2004)
きみに読む物語 [2004 アメリカ ニック・カサヴェテス] 「THE NOTEBOOK」という原題がすごく好き。 途中から「それからどうなったの」と身を乗り出している自分がいた。 一途に人を愛すことの尊さを教わった。                        ★★★★(2005.2) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:21
北の零年(2004)
北の零年 [2004 日本 行定勲] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:14
コニー&カーラ(2004)
コニー&カーラ [2004 アメリカ マイケル・レンベック] 観終わった後、爽快な気分になった。 ハラハラドキドキしながらも、 ミュージカルの名曲を存分に味わえて大満足。             ★★★★☆(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:10
コーラス(2004)
コーラス [2004 フランス クリストフ・バラティエ] 久しぶりに、笑って泣ける良質な映画を観た。 さまざまな事情を抱え心を閉ざす少年たちが、 マチュー先生の愛情と歌にふれて成長していく姿がほほえましい。 天使のソプラノをもっとずっと聞いていたいと思い、 エンドロールの後もなかなか立ち上がれなかった。                 ★★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:01
コーヒー&シガレッツ (2003)
コーヒー&シガレッツ [2003 アメリカ ジム・ジャームッシュ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:54
カナリア(2004)
カナリア [2004 日本 塩田明彦] あれから10年。12歳の少年は成人し、8歳だった少女は18歳。 消せない過去を抱いた彼らはどんな大人になるのだろう。 信頼できる大人(西島くん)に出会えて本当に良かった。 谷村美月ちゃんの体当たりの演技が光っていた。 今後の活躍に期待したい。                   ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:46
恋は五・七・五!(2004)
恋は五・七・五!全国高校生俳句甲子園大会 [2004 日本 荻上直子] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:45
[File.137]キャロルの初恋 (2002)
キャロルの初恋 [2002 スペイン イマノル・ウリベ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:39
[File.134]荒野の七人(1960)
荒野の七人 [1960 アメリカ ジョン・スタージェス] 「七人の侍」と連チャンで観たらおもしろかった。 オリジナルの圧勝だけど、 これはこれでエンターテイメントとして十分に楽しめた。 特にキャラ設定は全く同じじゃつまらないだろうと思っていたから、 新キャラや混合キャラとかがあって、おもしろかった。                    ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:34
[File.125]逆境ナイン(2005)
[File.125]逆境ナイン(2005) 逆境ナイン [2005 日本 羽住英一郎] いやなことはしばし忘れておバカな世界にひたるにはよいかも。 ありえない感じが徹底してて好き。 玉山くんの三枚目ぶり、はじけぶりはサイコー。                 ★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:22
[File.122]ゴスフォード・パーク(2001)
[File.122]ゴスフォード・パーク(2001) ゴスフォード・パーク [2001 アメリカ ロバート・アルトマン] 貴族社会を支える付き人たちに光を当てた作品。 華やかさの裏側にある様々な人生を、 ミステリーをスパイスに描いた群像劇。 それにしても、登場人物が多すぎ。 しかも複雑に絡み合っているので、さらに混乱。                ★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:39
[File.121]ゲーム(1997)
[File.121]ゲーム(1997) ゲーム [1997 アメリカ デヴィッド・フィンチャー] セブンを観たらこれも観たくなった。 相変わらずクレジットが凝ってます。 どこまでが現実で、どこまでがCRSの仕業なのか わからないところがいい。 ゲームということを忘れて見入ってしまった。 もう一度観るときはどこまで許せるかという見方もできそう。                    ★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:38
[File.118]恋に落ちる確率(2003)
[File.118]恋に落ちる確率(2003) 恋に落ちる確率 [2003 デンマーク クリストファー・ボー] なかなか難解なラブストーリー。 運命の人との恋とひきかえに、すべてを失うとしたら。 小説?夢?現実?あるいは、、、 マリア・ボネヴィーが二役することで、さらに混乱させてくれます。 カンヌのカメラドール受賞作なだけあって、映像は文句なしにかっこよい。                            ★★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:32
[File.107]カーサ・エスペランサ〜赤ちゃんたちの家(2003)
[File.107]カーサ・エスペランサ〜赤ちゃんたちの家(2003) カーサ・エスペランサ〜赤ちゃんたちの家 [2003 アメリカ・メキシコ ジョン・セイルズ] さまざまな心の傷を持つ6人のアメリカ人女性、 彼女たちは母親になること、子どもを持つことに希望を感じ南米へ。 異文化間の養子縁組制度の裏には、 生きるために子どもを手放さなければならなかった女性や 親を知らずに生きるストリート・チルドレンが。 6人の女性を追いながら、 先進国と開発途上国が抱える問題を浮き彫りにしていく。                      ★★★☆(2005... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:17
[File.105]彼女は最高(1996)
[File.105]彼女は最高(1996) 彼女は最高 [1996 アメリカ エドワード・バーンズ] タクシー運転手の兄と若くしてウォール街で成功した弟。 2人兄弟をとりまく女性関係を描く。 性格も考え方も対照的な2人のやりとりや親子関係もおもしろい。 キャメロン・ディアスをはじめ、出てくる女性たちがみな魅力的。 音楽がとてもよい。                          ★★☆(2005.12) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:14
[File.102]ゲート・トゥ・ヘヴン(2003)
[File.102]ゲート・トゥ・ヘヴン(2003) ゲート・トゥ・ヘヴン [2003 ドイツ ファイト・ヘルマー] 国際空港で働くワケありな面々。 パイロットを夢見て不法入国したロシア人青年、 フライトアテンダントを目指す清掃係のインド人女性。 2人は偶然機内で出会い、恋に落ちる。 それぞれの複雑な事情が背景にあるけど、 遊び心が満載なのでワクワクしながら観れます。 無国籍な感じがいい。 監督の前作「ツバル」も無国籍ファンタジーと評判。 これも観たいがなかなかレンタル屋に置いてない。            ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:05
[File.101]キャスティング・ディレクター(1998)
[File.101]キャスティング・ディレクター(1998) キャスティング・ディレクター [1998 アメリカ アンソニー・ドレイザン] キャスティング・ディレクターとしての顔がほとんどわからなかったので、 何がなんだかさっぱり。中年男性は共感できるのかしら。 ショーン・ペン、ケヴィン・スペイシー、メグ・ライアン、ロビン・ライト・ペン などなど、豪華な顔ぶれだけに中途半端さがかえって目につく。 キャストに頼るのはよくないってことかな。                       ★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:03
[File.098]珈琲時光(2003)
[File.098]珈琲時光(2003) 珈琲時光 [2003 日本 侯 孝賢(ホウ・シャオシェン)] 小津安二郎監督生誕100周年記念。 電車と喫茶店、家族やともだち、結婚や出産など、 東京の日常をやわらかな眼差しでみつめる。 フリーライターの陽子(一青窈)と古本屋店主の肇(浅野忠信)、 二人の会話が楽しい。沈黙もまたよし。 一青窈は独特の存在感で、絵になります。 浅野忠信とのバランスもよい。浅野さんがうまいのかな。 フレームの外を映し出すのがうまいなと思った。 駅や街を歩く人たちは素なのか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:58
[File.094]五線譜のラブレター(2004)
[File.094]五線譜のラブレター(2004) 五線譜のラブレター [2004 アメリカ アーウィン・ウィンクラー] 作曲家コール・ポーターの半生をミュージカル仕立てで描く。 ゲイの男性が一人の女性を愛しぬく姿が印象的。 生涯、夫を支え抜いた夫人リンダ。 優しく、賢く、気品あふれる女性が アシュレイ・ジャッドとは気づかなかった。 30曲以上にも及ぶ名曲を 有名アーチストが歌いこなすのもみどころ。 エルビス・コステロ、シェリル・クロウ、アラニス・モリセットなど どこにでてくるかはお楽しみ。 とにかく全編... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:52
[File.081]恋する遺伝子(2001)
[File.081]恋する遺伝子(2001) 恋する遺伝子 [2001 アメリカ トニー・ゴールドウィン] ばかばかしいけど、なかなかおもしろい理論でした。 ジェーン(アシュレイ・ジャッド)とリズ(マリサ・トメイ)のやりとりや、 ジェーンとエディ(ヒュー・ジャックマン)との掛け合いが楽しかった。                        ★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:34
[File.055]9か月(1995)
[File.055]9か月(1995) 9か月 [1995 アメリカ クリス・コロンバス] 何不自由ない最高の同棲生活を送っているかに見えた 小児精神科医のサミュエル(ヒュー・グラント)とレベッカ(ジュリアン・ムーア)。 ある日突然、レベッカから妊娠を告げられる。 今までの快適な生活を奪われることへの恐怖にうろたえるサミュエル。 一方、レベッカはパートナーに妊娠を喜んでもらえないことに戸惑う。 出産臨月までの9か月間をコメディタッチで描く。 ヒュー・グラントのきのこカットはいただけないんだけど、 ダメ男ぶ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:58
[File.051] カンフーハッスル(2004)
[File.051] カンフーハッスル(2004) カンフーハッスル [2004 中国・アメリカ チャウ・シンチー] カンフー好きもそうでない人も、何も考えずにありえなさを楽しみましょう。 いちおうストーリー性もあるみたいだけど、余計なことを考えてると せっかくの戦闘シーンを見逃してしまいます。 ★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:52
[File.040] 刑務所の中(2002)
[File.040] 刑務所の中(2002) 刑務所の中 [2002 日本 崔洋一] つぶやくように吐き出される主人公ハナワの心の声。 ゆるくて、渋い視点が好き。食事シーンが印象的。 男だけなのに男臭さがない。 原作の漫画はぜひ読んでみたいものだ。 ★★★★(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:19
[File.035] g@me.(2003)
[File.035] g@me.(2003) g@me. [2003 日本 井坂聡] みなさん役者ですね。 だましだまされ狂言誘拐=g@me. 思わず2回続けて観てしまった。 ★★★★(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:11
[File.032] 空中庭園(2005)
[File.032] 空中庭園(2005) 空中庭園 [2005 日本 豊田利晃] 家族の間に秘密を持たない。これが京橋家のルール。 朝から「決定現場」にまつわる強烈な会話が飛び交う。 しかし、なんでも包み隠さず話す裏では、 それぞれに家族に言えない秘密を抱えている。 家族について考える。 本当の幸せとはなにか。 現実と幻想(空想)が交錯し、 カメラワークのせいもあるけれど、 全編を通して浮遊感が漂う。 小物使いや色使いも美しく、 角田光代文学を彩る。 野猿の内装とランプシェー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:07
[File.015] 50回目のファーストキス(2004)
50回目のファーストキス [2004 アメリカ ピーター・シーガル] 「前日の記憶がない」 記憶障害をテーマにした作品は どうしてもシリアスになってしまいがちだけど、 ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーが ピュアでコミカルに演じたおかげで、 切なくも楽しいラブコメとして成功した。 ★★★☆(2006.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:46
[File.010] 恋の門(2004)
恋の門 [2004 日本 松尾スズキ] なんともぜいたくなキャスティング。 役者がみんなはじけてて、みょーに楽しそう。 何をおいてもネーミングセンスが抜群。 不条理な中にストレートなメッセージがちりばめられてて、 笑っていいのか、素直に受け止めていいのか、ときどき悩んでしまった。 松田龍平はますます気に入った。 ★★★☆(2006.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:36

トップへ | みんなの「映画カ行」ブログ

映画感想タイトル一覧


その1
その2
シネマと散歩と珈琲と 映画カ行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる