アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画サ行」のブログ記事

みんなの「映画サ行」ブログ

タイトル 日 時
サイドウェイズ(2009)
サイドウェイズ(2009) サイドウェイズ [2009 日本 チェリン・グラック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/27 10:09
全然大丈夫(2007)
全然大丈夫(2007) 全然大丈夫 [2007 日本 藤田容介] ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/24 22:40
7月24日通りのクリスマス(2006)
7月24日通りのクリスマス(2006) 7月24日通りのクリスマス [2006 日本 村上正典] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/15 19:56
図鑑に載ってない虫(2007)
図鑑に載ってない虫(2007) 図鑑に載ってない虫 [2007 日本 三木聡] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 23:56
Jam Films S(2004)
Jam Films S(2004) Jam Films S [2004 日本] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/15 21:19
スーパーサイズ・ミー(2004)
スーパーサイズ・ミー(2004) スーパーサイズ・ミー [2004 米 モーガン・スパーロック] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/12 14:27
スパイダー・フォレスト 懺悔(2004)
スパイダー・フォレスト 懺悔(2004) スパイダー・フォレスト 懺悔 [2004 韓国 ソン・イルゴン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:51
戦場のピアニスト (2002)
戦場のピアニスト (2002) 戦場のピアニスト [2002 ポーランド・フランス ロマン・ポランスキー] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:42
ストーリーテリング (2002)
ストーリーテリング (2002) ストーリーテリング [2002 アメリカ トッド・ソロンズ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:41
16歳の合衆国 (2004)
16歳の合衆国 (2004) 16歳の合衆国 [2004 アメリカ マシュー・ライアン・ホーグ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:39
忍 SHINOBI(2005)
忍 SHINOBI(2005) 忍 SHINOBI [2005 日本 下山天] 今年は男女の悲恋と宿命の対決を描いた作品が異常に多かったような。 時代劇でアクションものなので、 本来なら好んで観るタイプの作品ではないんだけど、 それでも、観るならスクリーンがいいなと思わせてくれる 迫力のシーン満載でした。 あっさり決着がつきすぎな感じもしたけど、 2時間ひっぱれたのはすごいです。 ★★★(2005.9) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:36
シン・シティ(2005)
シン・シティ(2005) シン・シティ [2005 アメリカ フランク・ミラー/ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ] コミックの感じをそのまま出した映像は好き。 血が赤くないのでグロさは軽減されてた。 全体的にリアルな映像だったらおそらく観ていられないです。 いくつかエピソードがあったけど、ナンシーのが素敵でした。 出てくる女性がかっこいい、とくにデヴォン青木! ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/10 15:35
セックスと嘘とビデオテープ (1989)
セックスと嘘とビデオテープ (1989) セックスと嘘とビデオテープ [1989 アメリカ スティーブン・ソダーバーグ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 15:26
SF サムライ・フィクション (1998)
SF サムライ・フィクション [1998 日本 中野裕之] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:46
スクリーム2 (1997)
スクリーム2 [1997 アメリカ ウェス・クレイヴン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:39
さらば青春の光 (1979)
さらば青春の光 [1979 イギリス フランク・ロッダム] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:23
スワロウテイル (1996)
スワロウテイル [1996 日本 岩井俊二] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:21
スイミング・プール(2003)
スイミング・プール [2003 フランス・イギリス フランソワ・オゾン] ラストシーンから、頭の中で謎解きがスタート。 いろんな解釈ができそうで、観た後のほうが楽しめるちょっと変わった作品。 シャーロット・ランプリングは知性あふれるミステリー作家の役がはまってます。 どこからどこまでが彼女の創造上のものなんでしょう。 いろいろと確かめたくて、もう一度観たくなります。 ★★★★☆(2005.11... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 14:04
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(1975)
ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ [1975 フランス セルジュ・ゲンズブール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:35
スタン・ザ・フラッシャー (1990)
スタン・ザ・フラッシャー [1990 フランス セルジュ・ゲンズブール] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:29
スローガン (1968)
スローガン [1968 フランス ピエール・グランブラ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:20
ジェイン・エア (1996)
ジェイン・エア [1996 イギリス フランコ・ゼフィレッツ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 13:06
ルナティック・ラヴ The Cement Garden (1992)
ルナティック・ラヴ The Cement Garden [1992 イギリス アンドリュー・バーキン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:55
ジョアンナ(1968)
ジョアンナ [1968 イギリス マイケル・サーン] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:41
砂丘 (1970)
砂丘 [1970 イギリス ミケランジェロ・アントニオーニ] ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:32
ザ・コンテンダー(2000)
ザ・コンテンダー [2000 アメリカ ロッド・ルーリー] 社会派ドラマは勉強になります。 アメリカの政界は社会の縮図のようで、観ていておどろくことばかり。 ゲイリー・オールドマンの見事な変身にもビックリ。 しばらく誰かわからなかった。 FBI役のキャサリン・モリスはかわいかった。                ★★★☆(2005.10.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:11
失恋セラピスト(1996)
失恋セラピスト [1996 アメリカ エリック・シェイファー] <ネタバレ注意> 身近な人に気づくっていうよくあるパターンのラブコメだけど、 サラ・ジェシカ・パーカーの魅力のおかげでおもしろくなってます。 当時12歳のスカーレット・ヨハンソンが小学生役で登場するけど、 そのインパクトの方が強烈だったりします。                ★★★☆(2005.10) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 12:10
シンデレラマン (2005)
シンデレラマン [2005 アメリカ ロン・ハワード] 実在のボクサー・ジム・ブラドックの半生を描く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:48
ショーシャンクの空に(1994)
ショーシャンクの空に [1994 アメリカ フランク・ダラポン] 公開10周年目にして、ようやく観る機会を得ました。 今年はメモリアルボックスも出たんですね。 なるほど納得。みんなに愛されてる理由がよくわかります。 どういう環境でも 希望を持ち続けること。 人間らしく生きること。 説教くさく感じさせないのは、アンディの不思議な魅力のおかげでしょうか。                          ★★★★☆(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:32
サイドウェイ(2004)
サイドウェイ [2004 アメリカ・ハンガリー アレクサンダー・ペイン] この全体的な「まったり感」がすき。 ワインに関しては全く無知だけど、あんな風に人生に重ねて ワインを味わえたら素敵だろうなと思い、お酒を買って帰った。 そんな衝動にかられたのは久しぶりだ。                    ★★★★☆(2005.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 11:26
Shall We Dance? (2004)
Shall We Dance? [2004 アメリカ ピーター・チェルソム] 親しみのある映画のリメイクと聞いて楽しみにしていた。 「こんな話だったっけ?」と思い、すぐにオリジナル版を観なおした。 全体的なストーリーは同じだが、 すっかりアメリカテイストに仕上がっていて驚いた。 文化の違いを楽しむという点では、おもしろい作品だ。                    ★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:57
さよなら、さよならハリウッド(2002)
さよなら、さよならハリウッド [2002 アメリカ ウディ・アレン] 期待通りのウディ映画! 相変わらずの皮肉や自虐っぷりも健在。 初めて彼の作品を観る人にはついていけない感があると思うので、 過去の作品を何本か観てからだと、より楽しめるはず。                     ★★★★(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:51
[File.133]七人の侍(1954)
七人の侍 [1954 日本 黒澤明] 死ぬまでには観ておきたい一本だったけど、 時代劇はあまり得意ではないのでなかなか一歩がふみだせなかったが、 今回の「荒野の七人」リバイバル上映のおかげでようやく観ることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:33
[File.132]最後の恋のはじめ方(2005)
最後の恋のはじめ方 [2005 アメリカ アンディ・テナント] 肩の力を抜いて楽しめるラブコメです。 笑って、共感して、同情して、後悔して、突っ走って、、、 映画そのものが、恋愛講座のよう。 恋にちょっぴり臆病になっている方にオススメ。                ★★★☆(2005.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:31
[File.129]ザ・インタープリター(2005)
ザ・インタープリター [2005 アメリカ シドニー・ポラック] 迫真の演技に魅了されました。 ニコール・キッドマンとショーン・ペンの心の変化は絶妙でした。                      ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/10 10:27
[File.120]セブン(1995)
[File.120]セブン(1995) セブン [1995 アメリカ デヴィッド・フィンチャー] 公開から10年間、語り尽くされてきた作品。 騒がれすぎてて今まで観る機会がなかった。 というより、観た気になってたのかも。 映像世界と全編にわたる精神世界がすごい。 まず、クレジットに驚かされる。 練りに練られた脚本とブラッド・ピット、モーガン・フリーマンの演技。 流れるようなカメラワーク。 いまだに議論されているわけがわかります。 いろんなひとに影響を与えてきたんだろうな。            ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 21:35
[File.119]笑の大学(2004)
[File.119]笑の大学(2004) 笑の大学 [2004 日本 星護] <ネタバレあり> 笑いを通して語る人情劇。 地味な中にも笑いが散りばめられてて好きです。 検閲官と座付作家。2人の会話や台本を書きなおす過程を見せることで、 笑いの重要性を説明していく。 笑ったことのない検閲官・向坂が作家・椿と接するうちに 喜劇に興味を示しはじめるところで、 なぜか自分がラーメンズに出会ったときのことを思い出してしまった。 知らずに生きてきたけど、よさを知ってしまったら、ない生活は考えられない。    ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:33
[File.116]戦国自衛隊1549(2005)
[File.116]戦国自衛隊1549(2005) 戦国自衛隊1549 [2005 日本 手塚昌明] 日本映画としては破格の予算と陸上自衛隊の全面協力。 スケールが大きすぎるためか、細かい所が目についてしまう。 いまいち楽しめなかったのは歴史を知らないからでしょうか。 伊武雅刀と中尾明慶くんはいい味出してた。                    ★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:29
[File.113]十二人の怒れる男(1954)
[File.113]十二人の怒れる男(1954) 十二人の怒れる男 [1954 アメリカ シドニー・ルメット] 夏の暑い日、冷房のない部屋に陪審員に選ばれた12人の男が集う。 17歳少年の殺人事件の有罪無罪めぐり熱い討論を繰り広げる。 12人の細かい描写やスリリングな討論はもちろん、 一つひとつのカットが実にいい。 DVD特典の予告編だけでもうっとりしてしまう。 リメイク版の「12人の怒れる男/評決の行方」も観てみたい。                       ★★★★★(2005.11) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:24
[File.111]親切なクムジャさん(2005)
[File.111]親切なクムジャさん(2005) 親切なクムジャさん [2005 韓国 パク・チャヌク] 監督の色彩感覚には驚かされます。 オープニングタイトルから独特の世界観に入り込んでしまった。 「オールド・ボーイ」に比べると暴力的なシーンは少ないけれど、 クムジャさんの復讐心は救いがないので、精神的にはこっちのほうがずっしりくる。 ところどころコミカルなシーンを織り交ぜる見せ方はうまい。 イ・ヨンエがきれいすぎ、衣装や内装がかわいすぎ。 客層はみょうにおばさまたちが多かったんですが、 韓国ものってだけで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/09 21:22
[File.100]セレンディピティ〜恋人たちのニューヨーク(2001)
[File.100]セレンディピティ〜恋人たちのニューヨーク(2001) セレンディピティ〜恋人たちのニューヨーク [2001 アメリカ ピーター・チェルソム] 今の時期にぴったりのクリスマスな作品。 ジョン・キューザックはやっぱりいいね。 ケイト・ベッキンセールも知的でキュート。 サラとジョナサンは黒い手袋に同時に手を伸ばした 「幸せな偶然=セレンディピティ」に運命的なものを感じる。 そのときお互いにパートナーがいた二人は 古本と5ドル札のサインに運命を託して別れる。 再会はできるだろうと思っても、二人のすれ違いが観ていてもどかし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 21:01
[File.095]SMOKE(1995)
[File.095]SMOKE(1995) SMOKE スモーク [1995 アメリカ・日本 ウェイン・ワン] 原作のポール・オースター著「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」を 読んで以来、この話にほれ込んでしまった。 煙草屋店主オーギーのエピソードだけでもひとつの作品になりそうだけど、 なじみ客との交流がさらにストーリーを盛り上げる。 会話だけで十分にイメージが浮かぶのに、モノクロ映像の粋な演出も。 原作同様、シンプルなのに味わい深い。 こういうの好きですね。ツボです。 続編「ブルー・イン・ザ・フェイス」も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:54
[File.093]小説家を見つけたら(2000)
[File.093]小説家を見つけたら(2000) 小説家を見つけたら [2000 アメリカ ガス・ヴァン・サント] ガス・ヴァン・サント監督作品に共通する真実を見つめようとする視線が好きだ。 16歳の黒人少年ジャマールと謎の老人ウィリアムの世代を超えた友情。 ありきたりな設定と思うかもしれないが、テーマである文学のように奥深い。 また、物書きを目指す人にとっては具体的なガイドにもなってるし、 夢を持つ人にとっては何かしら勇気を与えてくれるものになるだろう。 同時に才能があっても一歩間違えれば、破滅に転じてしまう危うさも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:51
[File.092]11'09"01/セプテンバー11(2002)
[File.092]11'09"01/セプテンバー11(2002) 11'09"01/セプテンバー11 [2002 フランス] 各国を代表する11人の監督が「11分9秒1フレーム」に思いを込めた作品集。 さまざまな視点で描かれているのが興味深い。 日本からは今村昌平監督が参加。 特にクロード・ルルーシュとケン・ローチ作品が印象的だった。                         ★★★★(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:49
[File.084]JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ(2001)
[File.084]JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ(2001) JAZZ SEEN カメラが聴いたジャズ [2001 ドイツ ジュリアン・ベネディクト] ジャズのレコードジャケットを手がけたカメラマン、 ウィリアム・クラクストンの半生を追ったドキュメンタリー。 クラクストンの写真集とともに手元においておきたい一本。 写真から音楽がきこえてきそう。 有名なジャケット製作のエピソードが楽しい。              ★★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:38
[File.082]CQ(2001)
[File.082]CQ(2001) CQ [2001 アメリカ ロマン・コッポラ] まさに映画バカのための映画。 劇中劇、DVD特典まで作りこんでます。 何度でも観たくなる作品。 ポールに扮するジェレミー・デイヴィスの演技は とても好感が持てる。              ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:35
[File.076]サイドウォーク・オブ・ニューヨーク(2001)
[File.076]サイドウォーク・オブ・ニューヨーク(2001) サイドウォーク・オブ・ニューヨーク [2001 アメリカ エドワード・バーンズ] ニューヨークに住む男女6人の恋愛模様を インタビューを織り交ぜながら描く。 発想としては好きだし、ニューヨークならでは。 特にビデオ屋のシーンは好きです。 ただインタビューショットが多いので最初は混乱してしまいました。                         ★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:27
[File.073]ジョゼと虎と魚たち(2003)
[File.073]ジョゼと虎と魚たち(2003) ジョゼと虎と魚たち [2003 日本 犬童一心] 池脇千鶴のための映画ですね。 ジョゼの関西弁がかわいすぎます。 サガンの作品を知っていたら、もっと深みを味わえたのかも。 強烈なシーンはいっぱいあるんだけど、 ジョゼと香苗が殴り合うシーンが一番印象的でした。                   ★★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:23
[File.069]白いカラス(2003)
[File.069]白いカラス(2003) 白いカラス [2003 アメリカ ロバート・ベントン] 人種問題はあまり身近に感じたことはなかったけど、 これはすごくわかりやすく描かれている。 邦題にナットク! アンソニー・ホプキンスとニコール・キッドマンの演技にしびれます。                       ★★★★☆(2005.7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:17
[File.068]深呼吸の必要(2004)
[File.068]深呼吸の必要(2004) 深呼吸の必要 [2004 日本 篠原哲雄] いわくありげな5人の若者たちがサトウキビ畑へ。 多くは語られないが、自分を再確認して前に進んで行く。 それがなんだか心地良いのだ。                    ★★★☆(2005.7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:16
[File.066]Jam Films 2(2003)
Jam Films 2 [2003 日本 小島淳二、高橋栄樹、井上秀徳、丹下紘希] PVやCM業界で活躍する映像クリエイター4人の30分一本勝負。 小島監督の「机上の空論」だけで観る価値あり。 小林賢太郎脚本を舞台でなくスクリーンで観ることができる幸せ。                           ★★★(2004.5) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:13
[File.065]Jam Films(2002)
Jam Films [2002 日本 北村龍平、篠原哲雄、飯田譲治、望月六郎、堤幸彦、行定勲、岩井俊二] 邦画のオムニバスはあまりない気がする。 いろんなタイプの作品があるから、 興味のある監督の作品を掘り下げるキッカケになる。 邦画が苦手な人も短編なのでオススメ。 私は堤監督目当てで観たけど、 篠原監督の「けん玉」と岩井監督の「ARITA」にはまりました。                           ★★★☆(2005.4) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 20:12
[File.059]幸せになるためのイタリア語講座(2000)
幸せになるためのイタリア語講座 [2000 デンマーク ロネ・シェルフィグ] デンマーク・都市近郊の町。 悩みを抱えた独身の男女6人が イタリア語講座を通して生きる希望を見出して行く。 なかなか濃いキャラがそろってておもしろい。 こんな自分でもいいんだ、となんだかほっとします。                ★★★☆(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:04
[File.058]シティ・オブ・ゴッド(2002)
シティ・オブ・ゴッド [2002 ブラジル フェルナンド・メイレレス] ジャンルでいうと、一番苦手なタイプのバイオレンスものだけど、 映像、音楽は素晴らしい。 実話がもとになってるだけあって、 その衝撃は観終わってからずーんときます。                ★★★★(2005.6) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:03
[File.057]サイダーハウス・ルール(1999)
サイダーハウス・ルール [1999 アメリカ ラッセ・ハルストレム] ジョン・アービング原作、ラッセ・ハルストレム監督なので安心して観られます。 孤児院で生まれ育った青年ホーマーが自立・成長していく姿を描く。 ラーチ医師の思いやりや子どもたちの笑い声や笑顔、 キャンディ(シャーリーズ・セロン)の美しさも、 すべてがホーマー(トビー・マグワイア)の生きる糧に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 17:02
[File.052]素晴らしき哉、人生!(1946)
素晴らしき哉、人生! [1946 アメリカ フランク・キャプラ] 一人の存在はどれだけ他の人に影響を与えているか。 人はどれだけ多くの人に支えられて生きているか。 メッセージ性が強いので、苦手な人もいるかもしれないけど、 コミカルなシーンも織り交ぜているので、観やすいはず。 笑って、泣いて、爽快な気分になりました。 すごく昔の作品だし、モノクロなので敬遠してしまいがち (私はタイトルとジャケットからメロドラマだと思いこんでました・・・)だけど、 オープニング... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:54
[File.048] THE 有頂天ホテル(2006)
THE 有頂天ホテル [2006 日本 三谷幸喜] 大晦日の夜、舞台は老舗ホテル。 ホテルの威信がかかったカウントダウンパーティーまであと2時間。 わけありの宿泊客と、それに振りまわされるくせのある従業員たち。 彼らに幸せな新年は訪れるのか。 それぞれのエピソードやハプニングが別々にあるんじゃなくて、 少しずつ絡み合って、影響をうけあって前に進んでいくのがいい。 大爆笑できるところはないけれど、くすくす笑ったり、じーんときたり、 観終わった後はちょっぴり元気と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:45
[File.039] スケルトン・キー(2005)
スケルトン・キー [2005 アメリカ イアン・ソフトリー] ケイト・ハドソンはホラーもいけるのね。 劇場未公開はもったいなかったな。 ジャンルは一応ホラーだけど、これはミステリー色が強い。 呪いがテーマになってるから、グロテスクなものも出てこないし。 最後まで緊張感を持って楽しめます。 ★★★☆(2005.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:17
[File.038] サーティーン あの頃欲しかった愛のこと(2003)
サーティーン あの頃欲しかった愛のこと [2003 アメリカ・イギリス キャサリン・ハードウィック] 13歳の思春期の少女が持つ危うさと 変貌していく娘に戸惑うシングル・マザーの葛藤。 娘と母、お互いに愛の形をうまく伝えられず、 すれ違っていく様子がとてもリアルに描かれている。 ★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:16
[File.037] 殺人の追憶(2003)
殺人の追憶 [2003 韓国 ポン・ジュノ] 実際の連続殺人事件が基になっている。 事件を追う二人の刑事が、犯人に翻弄されていく。 シリアスな話をテンポの良さでひきつける。 集中しすぎて、効果音には何度も驚かされた。 ★★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:15
[File.036] SURVIVE STYLE 5+(2004)
SURVIVE STYLE 5+ [2004 日本 関口現] 「あなたの役割はなんですか」 シュールだけど、妙な説得力がある。 カラフルな色彩とスピード感だけじゃなく、 5つのエピソードをつなげてしまうのがすごい。 ★★★☆(2006.1) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:13
[File.031] ジャーヘッド(2005)
ジャーヘッド [2005 アメリカ サム・メンデス] ジャーヘッド=海兵隊員を表す隠語 原作は実際に湾岸戦争に参加した アメリカ人青年アンソニー・スオフォードの 「ジャーヘッド/アメリカ海兵隊員の告白」 主人公スオフォードは生きる道を求めて海兵隊に志願、 過酷な訓練を経て、湾岸戦争ではサウジアラビアへ。 砂漠では、ひたすらその日がくるのを待つ、待つ、待つ・・・。 そこに求めたものはあったのか。 若い兵隊をクローズアップすることで、 戦争の虚しさ、愚か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 16:05
[File.025] サマータイムマシン・ブルース(2005)
サマータイムマシン・ブルース[2005 日本 本広克行] 劇団・ヨーロッパ企画の舞台の映画化。 SFの研究などしたことがないSF研が タイムマシンでSFを体験してしまう。 昨日に行くってどういうこと? 昨日は奇妙な出来事が多かったと思ったら・・・ 伏線がつながって、納得できる瞬間が楽しい。 学生時代の一日ってこんなに楽しかったかなーと なんだか妙にしみじみしてしまった。 ★★★★☆(2006.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 15:53
[File.022] シリアナ(2006)
シリアナ[2006 アメリカ スティーヴン・ギャガン] 「トラフィック」の脚本家スティーヴン・ギャガンが ノンフィクション「CIAはなにをしていた?」を基に映画化。 中東の石油利権をめぐる人々の欲望と陰謀を ドキュメンタリー・タッチで描く。 人と物語がかなり複雑に絡み合っているので、とても頭を使う。 私は予備知識なしで観てしまったので、 ついていくのに必死で重要なことを見落としてしまった気がする。 なので、これからご覧になる方は、 ある程度情報を得てから観るこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:56
[File.021] SPIRIT スピリット(2006)
SPIRIT スピリット[2006 香港・アメリカ ロニー・ユー] 実在した伝統の武術家・フォ・ユァンジア。 絶望の淵から這い上がり、真の強さを見出して行く。 戦いにおける精神を体を張って演じたジェット・リーは見事。 格闘技は苦手だが、 「自分との戦い」という見方をすれば 深い勝負としてみれるかもしれないと思った。 ★★★★(2006.3) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/09 00:54
[File.002] そして、ひと粒のひかり(2004)
そして、ひと粒のひかり [2004 アメリカ・コロンビア ジョシュア・マーストン] ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/06/08 21:21
[File.001] サヨナラCOLOR(2004)
サヨナラCOLOR [2004 日本 竹中直人] さよならから はじまることが たくさんあるんだよ 舞台は海を臨む病院。 偶然にも初恋のひと(原田知世)を治療することになった 冴えない独身医師(竹中直人)の一途な姿を描く。 病院が舞台なのに、全く暗さがない。 むしろ患者たちが陽気に歌を歌ったり、医者も濃いキャラで楽しい。 ところどころにミュージシャンたちが顔を出すのもうれしい。 青い空と海に負けないくらい原田知世がさわやか。 竹中直人もキュート。 と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/08 21:21

トップへ | みんなの「映画サ行」ブログ

映画感想タイトル一覧


その1
その2
シネマと散歩と珈琲と 映画サ行のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる