シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS となり町戦争(2006)

<<   作成日時 : 2010/07/25 08:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

となり町戦争
[2006 日本 渡辺謙作]

タイトルがとても気になって、観てみました。
タイトル通り、戦争の話ですが、戦闘シーンはほぼないので、
つまらない、ものたりないという人も中にはいるかもしれない。

でも、なかなか身近に感じられない戦争について考えさせられる作品です。
世界のどこかで今も行われている「戦争」「紛争」。
規模の大小に関係なく、その動機に関係なく、
一般市民が犠牲になっていることはかわりない。
戦争をしていい理由なんてどこにもない。

こんな風に言うと、とってもヘビーに感じるかもしれないけど、
コミカルにブラックユーモアたっぷりに描かれているので、観やすいです。
むしろ、その軽さが怖くもありますが。
★★★(2010.6)


となり町戦争 [DVD]
角川エンタテインメント
2007-09-28
ユーザレビュー:
テーマは秀逸、作品は ...
う?ん、言いたいこと ...
ほんとに戦争ごっこ事 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



となり町戦争 (集英社文庫)
集英社
三崎 亜記
ユーザレビュー:
人は自分が見たいもの ...
となり町戦争想像を超 ...
むーヾ( 'ー`)私 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
となり町戦争(2006) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる