シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS アヒルと鴨のコインロッカー(2006)

<<   作成日時 : 2008/07/10 18:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アヒルと鴨のコインロッカー
[2006 日本 中村義洋]

仙台の大学に入学するため引越してきた椎名(濱田岳)は、
ボブ・ディランの『風に吹かれて』を口ずさみながら、
部屋の片付けをしていた。
すると、隣人の河崎(瑛太)が声を掛けてきた。
河崎は初対面の椎名に
「一緒に本屋を襲わないか」
と妙なことを持ちかけてきた。

実は、本屋襲撃の裏には切ない物語が隠されていたのだ。


原作は伊坂幸太郎の同名小説。
映像化不可能と言われたトリックを完全映画化!
原作者の伊坂氏も「良質な映画」と大絶賛している
というので、ずっと観てみたかった。

内容について触れるのは難しいし、
これから観る人は予備知識なしで観た方が絶対に楽しめる。

とにかく、役者さんがみんな巧い!
それぞれの持ち場をしっかり守っている。
全編を通して重要な役割を果たす
ボブ・ディランの『風に吹かれて』もいい。

久しぶりに味わう、この満たされた感じ。
原作を読んでから、もう一度観てみたい。
★★★★★(2008.7)


アヒルと鴨のコインロッカー
アミューズソフトエンタテインメント
2008-01-25
ユーザレビュー:
リアリティのない登場 ...
リアリティのない脚本 ...
別物で考えよう。どう ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
すげえ。すごい。その ...
思った程でもなく女た ...
アヒルと鴨をつないだ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
アヒルと鴨のコインロッカー(2006) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる