シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS ドア・イン・ザ・フロア(2004)

<<   作成日時 : 2007/08/26 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドア・イン・ザ・フロア
[2004 米 トッド・ウィリアムズ]

原作は巨匠ジョン・アーヴィングの『未亡人の一年』。
自身の自伝的要素を反映させた最高傑作として全米で大絶賛された。
本作はその前半部分の映画化。

海辺の家に住む著名な児童文学作家テッド・コール(ジェフ・ブリッジス)と
妻マリアン(キム・ベイシンガー)。
4歳の娘ルースとともに裕福で何不自由ない生活を送り、幸せにそうに見える。
が、マリアンは数年前の或る事件以来、心を閉ざしていた。
その夏、テッドは作家志望の高校生エディを助手として雇う。
憧れの作家に会えると期待に胸を膨らませてやって来たエディ(ジョン・フォスター)は、
出迎えた美しいマリアンに一目惚れするとともに、
少しずつ一家の悲しい過去を知ることに。

セリフの言いまわしや風景など、全体に流れる雰囲気が
とても詩的で味わい深い。
衝撃的な出来事も淡々と進むことで、作品の持つ色を保っている。
キム・ベイシンガーの演技のすばらしさは後からじわじわときます。
★★★★(2007.7)


ドア・イン・ザ・フロア
アミューズソフトエンタテインメント
2006-06-23
キム・ベイシンガー
ユーザレビュー:
2回見たけど…どうし ...
脱帽本編で「裏切り」 ...
よくも悪くもジョン・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



未亡人の一年〈上〉 (新潮文庫)
新潮社
ジョン アーヴィング
ユーザレビュー:
やはり面白かったアー ...
上質の物語。『ガープ ...
長い物語ですが 「小 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
ドア・イン・ザ・フロア(2004) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる