シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS [File.080]息子の部屋(2001)

<<   作成日時 : 2007/06/09 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

息子の部屋
[2001 イタリア ナンニ・モレッティ]

悲劇は突然訪れる。
そのとき家族はどう受け止めていくか。

劇中にたくさんの道と、たくさんの扉が出てくる。
観るときの環境や精神状態によって、全く違う印象を受けるだろう。

子どもを持つ親の立場になったときに、また味わってみたい。
                       ★★★★(2005.6)


息子の部屋 [DVD]
アミューズ・ビデオ
2006-06-23
ユーザレビュー:
不思議な・・・清々し ...
静かな映画です。 感 ...
何もない時間が長すぎ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
[File.080]息子の部屋(2001) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる