シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS [File.006] ラフ(2006)

<<   作成日時 : 2007/06/09 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ラフ
[2006 日本 大谷健太郎]

率直な感想はあだち充のコミックを初見した気分。
一コマひとコマとセリフに引き込まれて気づいたら号泣してた。
つまり、良くも悪くも原作のコミックとは全くの別物になっていたということ。

ではなぜ?コミックを実写化した意義を考えてみた。
打ち水、プールの水しぶきのさわやかさ。
コミックではあそこまで出せない。

渡辺えり子、八嶋智人に救われたな。
★★★(2006.8)


ラフ スペシャル・エディション
東宝
2007-03-23
長澤まさみ
ユーザレビュー:
水の青さがキレイです ...
完全オリジナルなら… ...
ラフ、、、人殺し、、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
脇キャラがあだち作品 ...
あだち充の最高傑作? ...
羨ましい男女の距離感 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
[File.006] ラフ(2006) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる