シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS [File.050] プライドと偏見(2005)

<<   作成日時 : 2007/06/09 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プライドと偏見
[2005 イギリス ジョー・ライト]

原作は女流文学作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」。
「ブリジット・ジョーンズの日記」のお手本にもなっているのは有名な話。

18世紀末、イギリスの田舎町。
女性に財産相続権がなかった時代、女性にとっては結婚が人生のすべてだった。
ベネット家の5人の娘たちは幸せな結婚を手にすることができるのか。
近所に資産家のビングリーが引っ越してくるところから物語は始まる。

素直に「愛してる」と認めるには高すぎる”男のプライド”と”女の偏見”。
その厚い壁を乗り越えて真実の愛を見出そうとする恋物語。

気になりながらも、なかなか素直にお互いの存在を認められない
次女エリザベス(キーラ・ナイトレイ)とビングリーの親友ダーシー(マシュー・マクファディン)。
二人のやりとりがもどかしい。微妙な感情表現が二人とも上手いです。
壮大な田園風景もみどころのひとつ。

文芸ものはつい敬遠してしまいがちだけど、現代にも通じるラブストーリー。
原作にあまりなじみのない人は、
あらすじくらいは読んでから観るのがよいと思います。
★★★(2006.1)


プライドと偏見
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2006-11-30
ユーザレビュー:
本当にキレイな映像と ...
美しい!大好き!この ...
ダーシーが素晴らしい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



自負と偏見 (新潮文庫)
新潮社
J. オースティン
ユーザレビュー:
思いがけずはまってし ...
勝手な「偏見」はよく ...
すき。 分厚く、どう ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
[File.050] プライドと偏見(2005) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる