シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS [File.004] 迷宮の女(2003)

<<   作成日時 : 2007/06/08 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

迷宮の女
[2003 仏 ルネ・マンゾール]

フランス、パリ。
不可解な連続殺人事件の容疑者となった女をめぐるミステリー。
彼女は7つの人格を持つ多重人格者。
物語はギリシャ神話に登場するダイダロスの迷宮がモチーフになっている。
サイコロ、迷宮、ミノタウロス、地下墓地、、、
それぞれのキーワードがつながり、徐々に事実が明らかになっていく。

結末を知った上で、もう一度観ても楽しめるだろう。
見逃している伏線がたくさんあるはず。

シルヴィー・テスチュの多重人格の演じわけにただただ圧倒。
雰囲気がシャルロット・ゲンズブールを思わせると思ったら、
「なまいきシャルロット」のシャルロットに魅せられて女優を目指したとか。
★★★★☆(2006.9)


迷宮の女
ハピネット・ピクチャーズ
2006-03-24
シルヴィー・テステュ
ユーザレビュー:
見せ方が上手い予告編 ...
わりと良いかとフラン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
[File.004] 迷宮の女(2003) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる