シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS [File.032] 空中庭園(2005)

<<   作成日時 : 2007/06/09 16:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

空中庭園
[2005 日本 豊田利晃]

家族の間に秘密を持たない。これが京橋家のルール。
朝から「決定現場」にまつわる強烈な会話が飛び交う。

しかし、なんでも包み隠さず話す裏では、
それぞれに家族に言えない秘密を抱えている。

家族について考える。
本当の幸せとはなにか。


現実と幻想(空想)が交錯し、
カメラワークのせいもあるけれど、
全編を通して浮遊感が漂う。

小物使いや色使いも美しく、
角田光代文学を彩る。
野猿の内装とランプシェードが印象的。
★★★★☆(2006.2)


空中庭園 通常版
ポニーキャニオン
2006-05-26
小泉今日子
ユーザレビュー:
ただの映画じゃない『 ...
長かったですソニンと ...
心が痛い「思い込むと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



空中庭園 (文春文庫)
文藝春秋
角田 光代
ユーザレビュー:
家族の肖像面白かった ...
秘密ごとは他人には言 ...
総てを吐き出すという ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
[File.032] 空中庭園(2005) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる