シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS いちばんきれいな水(2006)

<<   作成日時 : 2007/06/17 20:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いちばんきれいな水
[2006 日本 ウスイヒロシ]

原作は古屋兎丸の人気短編コミック。
小学6年生の夏美(菅野莉央)には
難病のため11年間眠り続けている姉・愛(加藤ローサ)がいる。
夏休みのある日、母の妹でカメラマンの真理子(カヒミ・カリィ)が、
南米の地で事故に巻き込まれたという連絡が入り、両親は夏美を残し現地へ向かう。
姉妹が2人きりになったその夜に、愛が突然目を覚ました。
いつの間にか19歳になってしまったが、
心は8歳のままの無邪気な姉に振り回される夏美。
やがて愛は強引に夏美を誘い出しすのだった。

小学校最後の夏休みという特別な時間と、
清涼感あふれる映像がファンタジックな世界に導いてくれます。
好奇心旺盛で自由奔放な姉・愛と大人びた妹・夏美の対比が面白い。
夏休みでも毎日塾通い、誕生日には本棚が欲しいというクールな夏美にとって、
物心ついて初めて過ごす姉との時間はかけがえのないもの。
これから先どんな大人になっていくのか、覗いてみたくなった。

記念すべきカヒミ・カリィの映画初出演作なので、私にとっても大切な作品。
演技のよしあしはさておき、存在感では子どもたちに負けてなかった。
これからもちょこちょこ映画に出て欲しいな。
★★★☆(2007.6)


いちばんきれいな水
アミューズソフトエンタテインメント
2007-05-25
加藤ローサ
ユーザレビュー:
逆な感じが面白い 「 ...
姉妹で観て欲しい作品 ...
「愛が頑張ることは愛 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
いちばんきれいな水(2006) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる