シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS 明日の記憶(2005)

<<   作成日時 : 2007/06/12 14:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

明日の記憶
[2005 日本 堤幸彦]

49歳にして若年性アルツハイマーに突然襲われた働き盛りのサラリーマンと
そんな夫を懸命に支えようとする妻との絆を描く。

堤監督ってことで、このテーマをどうしてくれるだとうかと期待して観ました。
さすがに小ネタはなかったけど(見つけられなかっただけか?)、
監督独特のカメラワークで、病気への不安や病状悪化のリアルさが伝わってきた。

渡辺謙、樋口可南子の熱演は素晴らしい。
大滝秀治は強烈だけど、いいスパイスです。
観終わったあと、DVDジャケットがすごくいい写真だなと思った。
★★★★☆(2007.5)


明日の記憶
東映
2006-10-21
渡辺謙
ユーザレビュー:
素直に泣きたい人のた ...
病気でなお引き立つ夫 ...
ずっと貴方の傍にいま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
発芽玄米・・・飲もう ...
泣いた泣いた先にDV ...
共に日々を生きてきた ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
明日の記憶(2005) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる