シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS ALWAYS 三丁目の夕日(2005)

<<   作成日時 : 2007/06/10 16:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ALWAYS 三丁目の夕日
[2005 日 山崎貴]

最初の5分くらいで、「この映画すきだな」って感じることがまれにあるけど、
この作品はまさにそんな感じだった。
昭和33年の東京下町の町並みが映し出されたとたんにワクワクしてしまった。
その時代を知らないけど、なんだかとても懐かしいものに再会した気分。

ものにあふれ、情報にあふれている今だからこそ、
つい忘れがちな何かを感じられたのではないかな。
戦後まもない、貧しいけれど、希望と活気にみちた時代。
当時をたくましく生き抜いた人はもちろん、
パソコンのある生活が当たり前な子どもたちまで、
幅広い世代が楽しめるのではないかしら。
ただし、サンタさんの存在を信じているお子様には見せないほうがよいかと。

当時を象徴する小物や脇を固める出演者、子どもたちが光ってたな。
声を出して笑ったり、目頭を熱くしたり、とにかく純粋に楽しませてもらいました。
★★★★★(2005.10)


ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
バップ
2006-06-09
吉岡秀隆
ユーザレビュー:
不覚20代の私は当然 ...
ストーリーに意外性が ...
期待していたのですが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
ファンにはたまらない ...
これこそ完全版昭和三 ...
手元に置いておきたい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
なんだか、とっても心 ...
親子二代の愛読書〜ち ...
原作ファンは買う必要 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
ALWAYS 三丁目の夕日(2005) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる