シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の雪(2005)

<<   作成日時 : 2007/06/10 15:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

春の雪
[2005 日本 行定勲]

妻夫木くんはさわやかすぎ、現代っ子に大正時代はつらかったか。
男の色気は高岡蒼佑くんに持って行かれてました。
舞台挨拶で行定監督が「日本の様式美を味わってほしい」
といってたけど、大正時代の日本の美しさが楽しめる映像はさすが。

原作の「豊饒の海」をぜひとも読んでみたいと思った。
まちがいなく賛否両論あると思うけど、この作品によって
三島由紀夫に興味を抱く若者が増えるだろうことはすばらしい。

脇を固める豪華なキャストはすばらしい。
特に田口トモロヲ、大楠道代が良かった。
★★★☆(2005.10)


春の雪
東宝
2006-04-28
妻夫木聡
ユーザレビュー:
美しい映像と幻のよう ...
良い意味で裏切られた ...
優雅と高貴の世界この ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



春の雪 (新潮文庫―豊饒の海)
新潮社
三島 由紀夫
ユーザレビュー:
三島の描いた最大の騙 ...
美しい文体心情をここ ...
おもしろいです4部作 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
春の雪(2005) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる