シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS 16歳の合衆国 (2004)

<<   作成日時 : 2007/06/10 15:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

16歳の合衆国
[2004 アメリカ マシュー・ライアン・ホーグ]

おとなしい普通の少年がなぜあんな事件を起こしたのか。
普通って何?
わかったような気になっていた自分が恥ずかしい。

全編にわたり施設の教官パールが
少年リーランドと語り合いながら、その動機を探る。
次々と明らかになる、リーランドの周りで起こった事実、彼をとりまく環境。

最後までこれが原因だとは明示せず、
事件を通して観るものに考えさせるタイプの作品だ。
★★★★☆(2005.10)


16歳の合衆国
アスミック
2005-03-11
ライアン・ゴズリング
ユーザレビュー:
なぜか、自分もこうい ...
人が避けて反らしたが ...
内容深いよまあ、いま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
16歳の合衆国 (2004) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる