シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS この胸いっぱいの愛を(2005)

<<   作成日時 : 2007/06/10 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この胸いっぱいの愛を
[2005 日本 塩田明彦]

「黄泉がえり」の監督と原作のコンビ再びですが、
続編ではないので、あまりそこを意識しないほうがよいです。
予備知識なしに観るとすなおに泣けたりもします。

少年ヒロがとてもよかったです。
クドカンのエピソードが個人的には一番好き。

もしも、ひとつだけやりなおせるとしたら、戻りたい過去はいつですか?
うーん、いつでしょう?
学生時代に戻ってまじめに英語を勉強したいな。
★★★☆(2005.10)


この胸いっぱいの愛を
ジェネオン エンタテインメント
2006-04-21
伊藤英明
ユーザレビュー:
命と愛情飛行機事故で ...
それでも 生きろっ! ...
うーんキャラメルボッ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
ハラハラするが、結末 ...
時間は可変性のもので ...
ヒトが持っているいろ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ユーザレビュー:
名演奏が収録されてい ...
映画を観た方に是非! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
この胸いっぱいの愛を(2005) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる