シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアニスト(2001)

<<   作成日時 : 2007/06/10 15:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ピアニスト
[2001 フランス・オーストリア ミヒャエル・ハケネ]

2001年のカンヌを独占し話題になりましたが、ようやく観ました。

ピアニストになるべく厳しく育てられ、母親に束縛され続け、
いつしかアブノーマルな趣味に傾倒していくエリカ(40歳)。
音楽院でピアノを教える彼女と青年ワルターの間に特別な感情が
芽生えるが、歪んだ愛の形は届くのか。

ピアノを弾くシーンが多く、鍵盤のアップもまことに素敵なんだけど、
痛々しくて、食傷ぎみ。かなり後味悪いです。
★★★(2005.10)


ピアニスト
アミューズ・ビデオ
2003-12-05
イザベル・ユペール
ユーザレビュー:
やり場のない反抗と倒 ...
あまりに。。。。。と ...
悩ましさという凶器ハ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
ピアニスト(2001) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる