シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS 家族のかたち(2002)

<<   作成日時 : 2007/06/10 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

家族のかたち
[2002 イギリス シェーン・メドウス]

シャーリーは娘のマーリーンと恋人のデックと幸せな日々を送っていたが、
ある日突然、元夫のジミーが戻ってきた。
やさしいがちょっと気弱なデックとかっこいいが自分勝手なジミー、
2人の間で揺れるシャーリーはどんな決断をくだすのか。

セリフのせいか、すごくイギリスっぽいなと感じる映画。
親友キャロルとの家族ぐるみの付き合いは微笑ましい。

形式にこだわらない家族のあり方についても考えさせられる。
★★★(2005.11)


家族のかたち
レントラックジャパン
2005-03-25
ロバート・カーライル
ユーザレビュー:
邦題合うんだか合わな ...
ほのぼのしたアットホ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
家族のかたち(2002) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる