シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS ベティ・ブルー (1986)

<<   作成日時 : 2007/06/10 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベティ・ブルー
[1986 フランス ジャン・ジャック・ベネックス]



<ネタバレ含む>

原題の「37.2° le matin」は女性が妊娠しやすい体温のこと。
海辺で出会ったゾルグとベティ。二人は愛し合うが、
ベティの120%の愛が重すぎるゆえ、互いに傷つけ合ってしまう。
友人のレストランを手伝ったりしながら、ゾルグの作家への道を支えるベティ。
しかしなかなか認めてもらえない。ゾルグの子供を産みたいがなかなか妊娠しない。
そんなベティは苛立ちから、神経のバランスを崩してしまい、自分の目を・・・
もはや抜け殻のようなベティを今度はゾルグが包み込む。
                              ★★★★(1996.11)

切なくてずっしりと重たい気持ちになります。(2007)



ベティ・ブルー インテグラル 完全版 (ノーカット無修正版)
ベティ・ブルー インテグラル 完全版 (ノーカット完全版) [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
ベティ・ブルー (1986) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる