シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS SF サムライ・フィクション (1998)

<<   作成日時 : 2007/06/10 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SF サムライ・フィクション
[1998 日本 中野裕之]

また、大好きな映画が一つ増えました。予告を見たときから、
そんな予感はしていたけど、本編を見てびっくり。
あたまから、しっぽまで、あんこが詰まってておいしすぎ。
シリアスさとバカさ加減がうまい具合に融合してて、すっかりとりこです。

すばらしいキャスティング・センス。
緒川たまき、吹越満、風間杜夫、夏木マリ、谷啓、みんなさらに好きになってしまったよ。

監督のアーティストのビデオクリップでそのすばらしさは知っていたけど、
長編にも耐えうる映像感覚はまさに本物。
                      ★★★★★(1999.4)


SF サムライ・フィクション
SAMURAI FICTION [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
SF サムライ・フィクション (1998) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる