シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝手にしやがれ (1959)

<<   作成日時 : 2007/06/10 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

勝手にしやがれ
[1959 フランス ジャン=リュック・ゴダール]

「俺は最低だ」 「最低って・・・何のこと?」
ジーン・セバーグのパトリシアとベルモンドのミシェル、
ふたりのやりとりが、とても微笑ましい。

ラストのシーンで、それまでのことは何だったけ?とわからなくなってしまう。
一回ではとても、理解できそうにないな。
これが、ゴダールの魅力なのかも。
そのゴダール自身も密告者として登場するのがよい。

ジーン・セバーグの「悲しみよこんにちは」の続編という噂だが、ほんとうだろうか?
                                   ★★★☆(1996)



勝手にしやがれ デジタル・ニューマスター版
勝手にしやがれ デジタル・ニューマスター版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
勝手にしやがれ (1959) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる