シネマと散歩と珈琲と

アクセスカウンタ

zoom RSS ブリキの太鼓 (1979)

<<   作成日時 : 2007/06/10 12:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブリキの太鼓
[1979 西ドイツ・フランス フォルカー・シュレンドルフ]

久しぶりにばっちりツボにはまる映画を観た。
最初からかなりショッキングな映像満載。
大人の世界を見つめるオスカル少年が、さらに恐怖感をさそう。
どうやって撮影するんだろうというくらい、人が死ぬシーンがリアル。
オスカルの絶妙なナレーションが、また鳥肌もの。

オスカルを演じたダビット・ベネントは、当時12歳の少年。
彼は、小人症とも違って、体のバランスが整ったまま小さいのだ。
その後、「レジェンド・光と闇の伝説」にオスカルのままで
出ているらしい。あれから8年も経っているのに。
                ★★★★★(1997.10)



ブリキの太鼓
ブリキの太鼓 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

映画感想タイトル一覧


その1
その2
ブリキの太鼓 (1979) シネマと散歩と珈琲と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる